※Yahoo!知恵袋やGoo知恵袋に投稿された質問の中から、猫に関する話題を紹介!

[ 質問 ]

 質問者:zzemfreeさん

(長文)知人の飼い猫がアロマオイルを舐めたことの中毒により、あらゆる機能が不能になってしまい寝たきりで流動食の状態で早2ヶ月以上が過ぎました。1週間の入院で点滴による解毒治療をしてもらったそうですが

まったく症状は変わらず、その後特に治療法がないため退院、自宅での介護になりました。
残念ながら治る見込みもないそうです。まだ8ヶ月足らずの将来のある子猫でした。

この記事をお読み下さっている皆さんはアロマや精油(エッセンシャルオイル)類が猫には危険だということご存知でしょうか?

恥ずかしながら私も知人も知り合いの猫ボランティアさんも全く知りませんでした。

私は猫がそういう強い香りのものを口にすることは絶対にない。とも思い込んでいましたし、知人の精神的ダメージが大きくて事故の詳しい状態は彼女の口からは聞いていません。聞ける状態ではありませんでした。

ただ舐めた。と言うことで勝手に想像するにアロマオイルの入れ物を倒してこぼれたものを舐めた。
あるいはアニマルセラピーを真似てオイルを身体につけたところを舐めてしまった、としか想像できません。

しかしながら現在アロマ関連のものを販売しているお店の方も人間のアロマセラピーをされている方も猫とアロマの関係をご存知の方はほとんどおらず、最近流行のアニマルセラピー(これは主に犬に有効との事)ですが、猫にも同じ方法が効くと思い込んで使ってしまうこともあるそうです。

私自身も消臭スプレーをはじめお香類、アロマオイルを含んだ芳香剤、それから自然なものは化学物質より安全と思い込みオレンジオイルを使った洗剤も使っていました
直接、口にしなくても身体から吸収することで猫にとってはダメージになることを知り、すべてに破処分しましたが手遅れでないことを願っています。
その場合血液検査等で肝臓に異常がみられるそうです。

以来、インターネットで様々な中毒の症例を調べたり情報を探しましたが、中毒の症例が少なく治る見込みのない場合は安楽死をすすめられる。と知り残念でなりません。

もちろん中毒はアロマだけでなく殺虫剤や洗剤をはじめ様々なな化学物質、人間の食物最近はサプリの中毒、その他植物中毒も多いです。
物質によっては解毒ができるものもありますが精油類は猫はまず解毒できないらしいです。

今回不幸にも事故に遭ってしまった仔猫が身体を張って教えてくれたこと無駄にしたくないという思いで、皆様にご意見とお知恵を戴きたく書き込みさせて戴きました。

同様の悲しい体験をされた方、このような事故にあって助かった症例、またこの記事を読んでのご感想など、どんな小さな情報でも結構です。
よろしくお願い致します。



[ ベストアンサーに選ばれた回答 ]

 回答者:eyewoulddye4uさん

ホリスティックケア従事者です。
ホリスティックケアの世界では少なくとも3年以上前から精油の危険性は(もちろん猫に対して)警告されていました。そのため、私の親しい猫友さんで、精油が猫に危険なものだということを知らない人はいません。なぜって、私自信一所懸命このことを広めてきたからです。
ですが、残念なことにブログや掲示板などでできる限り情報発信をしても、普段からアンテナをはっているタイプの方々でないとキャッチしてくれない現状をつきつけられます。詳しい人が周囲にいれば情報を得ることもあるでしょうが、知恵袋でも何度も精油に関する質問がでるところを見ると、ほとんどの方がご存じないのが現実のようです。

たちが悪いのは、獣医師や資格を持ったアロマテラピストでも猫に精油が危険だということをまったく知らない人がいることです。
下の方のように精油が危険であることをきちんと認識したうえで、使用量や使用方法をしっかり守って安全に使う自信のある方はお使いになっても良いでしょう。何でも猫のために、と我慢すると人間にストレスがたまっちゃいますしね。
それでも私が使用しないのは、猫には引き戸やドアを簡単に開ける子、はてはビン類などを床に落として割ってしまう賢い(困った?)子が多いからです。我が家の子もそうです。ですから精油を自宅に置いておくだけで怖いのです。私は片付け上手な方でもないですしね。うちの子のような猫を飼っているご家庭では、まずご家庭内で精油を使うことは避ける方が安全でしょう。「うっかり」が命取りになってしまいます。

シャンプーや肉球クリーム等、ケア用品には精油が入っているものも多いです。「エッセンシャルオイル入り」って、何となく女性の心をくすぐりますものね。天然の成分だから安全だと誤解する方も多いです。天然が良いものばかりなら、タバコだってからだに良い物のはずですが、実際にはそうでないことは誰でも知っています。安易に「天然由来」「自然の成分」などの言葉にひっかからない疑う心(あ、ヤな言葉だな~)も猫の飼い主には必要ですね・・・。

こちらのブログは素人さんですが、実によく調べていらっしゃいます。私が今まで探した中でダントツに詳しいです。
ご参考までに。
http://blog.goo.ne.jp/jyaguchineko/c/26fcc9a8278d5a29d2be...

殺虫剤や洗剤もおっしゃるとおりですね。
我が家では殺虫剤はまったく使いません。マンションの高層階なので、虫がほとんどいないのもありますが。洗剤はすべて純石けん、重曹とクエン酸の併用をしています。石けんは良いですよ。合成洗剤より汚れもずっと取れます。安全性については、食糧事情の悪かった時代にネズミが純石けんを食べていたという報告もあります。
重曹はとても良いものですが、使い過ぎはこれまた危険性があります。
http://www.melma.com/backnumber_34131_4469196/
猫の食器等を重曹で洗ったら、クエン酸でリンスして仕上げるというのが安心ですね。

そうそう、最も大切なのは情報を発信し続けることだと思います。
質問者さんもお知り合いになった方には精油は正しく使う必要性があることを教えてくださいね。
ときどき「どんなに発信してもムダかも・・・」と折れそうになることもありますが・・・継続は力なり!です。


 質問日時:2009/08/04 18:59:24
 解決日時:2009/08/10 17:39:28


この知恵袋のページに移動する
※1回目の投票結果はコチラ