360 本当にあった怖い名無し [] 2011/07/30(土) 18:46:06.09 ID;wx9r4Bfc0
私が中学の時

私のおじいちゃんの大腸癌が発覚して、
私は直前まで知らなかったんだけど、その時にはもう手遅れだった

当然おじいちゃんは一時帰宅が許可された時意外は
病院で亡くなるまでを過ごしていたんだけど、
おじいちゃんの家で飼ってた猫(わりと年配猫)が、
おじいちゃんが病院に戻る時とか、すっごく鳴いてて、
その猫は警戒心の強い猫であんまり人になつかなかったんだけど、
おじいちゃんにだけはなついてたから、
「病院に戻るのが寂しいんだねー」
なんて皆で言ってたんだ

361 本当にあった怖い名無し [] 2011/07/30(土) 18:48:57.04 ID;wx9r4Bfc0
不思議なのはここからで、
末期の大腸癌の人を見たことあるひとは知ってると思うけど、
大腸癌になると、腹水が溜まっておなかが膨れちゃうんだ
だからおなかにチューブを繋いでそれを少しずつ抜くんだけど
おじいちゃんにちょうどその症状が出始めた時、
家に居た猫のおなかもぷっくり膨らんじゃって
おなかにその時何が溜まってたのかはよくわからない
おじいちゃんのことで家の中がばたばたしてたし、
猫が全然苦しむ様子もなかったから、病院には連れて行かなかった
その症状はおじいちゃんが病院で亡くなるまで続いた



362 本当にあった怖い名無し [] 2011/07/30(土) 18:51:11.86 ID;wx9r4Bfc0
おじいちゃんが亡くなると、
嘘みたいに猫のおなかは引っ込んじゃって、
それから半月くらいのうちにみるみる弱って死んじゃった
未だに「なんだったんだろうねー」と家族の中で話になる
私の頭にはエンパシーという言葉が浮かんだよ

その後一ヶ月くらいしてから、
おばあちゃんがコタツでうとうとしてると、
おじいちゃんがその猫と一緒に枕元(?)に立ってるって
夢をみたそうです

天国でも一緒に仲良くいてくれたらいいなぁ
と心から思います




 ⇒ 猫にまつわる不思議な話(2)
 ⇒ 忘れえぬ猫たちの物語






お勧めサイトの「不思議な話」
■うちにほぼ同じ場所で保護した猫が2匹いる。 【幸か不幸か家族計画 様】
■オカルト板-猫 【恐怖心霊オカルトちゃんねる 様】
■以前ネコが家に来て、一年も経たない頃 【ほんわか2ちゃんねる 様】
■猫を拾う夢を見た 【ほんわか2ちゃんねる 様】
■猫の目にも涙 【2chコピペ保存道場 様】

※1回目の投票結果はコチラ