1 やるっきゃ騎士φ ★ [sage] 2012/08/29(水) 14:24:42.71 ID;???
「正真正銘の男か、それとも単なるネズミか」という厳しい問いをぶつけられた
英国のデービッド・キャメロン(David Cameron)首相に思わぬ助っ人が現れた。
ロンドン(London)のダウニング街10番地(10 Downing Street)の首相官邸で
飼われている5歳の雄ネコ「ラリー(Larry)」だ。

狩りに消極的なことで知られるラリーは28日の朝、珍しくネズミを1匹捕らえた。

奇しくもこの数時間前には、保守党のティム・ヨー(Tim Yeo)下院議員が
英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)に寄稿したコラムの中で、
キャメロン首相にヒースロー(Heathrow)空港第3滑走路の建設計画の承認という
政治的に議論が沸騰する決断を下せるのかと疑問視していた。
「首相は、『自分は男か、それともネズミか』と自らに問う必要がある」(ヨー議員)

キャメロン首相はコーンウォール(Cornwall)州で休暇中だったが、
首相官邸の報道官は記者らに対し、「ダウニング街にいる死んだネズミは、
今朝ラリーが捕まえた1匹だけです」と述べた。

ラリーが前年2月にバタシー(Battersea)地区の犬猫保護施設から引き取られて
首相官邸のネズミ退治を任されて以来ラリーの写真を頻繁に掲載してきた
英メディア各社は、ラリーの手柄を即座に報じた。

だがラリーがネズミを捕まえたり殺したりしたのは今回が初めてではないという。
首相官邸の報道官はAFPに「これまでにも何度かあった」と話している。

ソース・ネコ画像は
http://www.afpbb.com/article/politics/2897880/9429554

同じ様なニュース
29 August 2012 Larry the Downing Street cat finally earns his stripes by catching his first rodent at No 10
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2194709/Chief-Mouser-Cabinet-Larry-Downing-Street-cat-finally-earns-stripes-catching-rodent-No-10.html
昨日初めてとったネズミ

ネズミ捕りより歩道で寝ている方が好きなラリー


去年ネズミ捕りに失敗したシーン





2 七つの海の名無しさん [] 2012/08/29(水) 14:29:06.76 ID;yEC2AayP
久々のラリー君の近況報告をありがとうございます!



11 七つの海の名無しさん [sage] 2012/08/29(水) 15:54:08.16 ID;V4LmutIo
ラリー君仕事したのか



4 七つの海の名無しさん [] 2012/08/29(水) 14:39:15.39 ID;3axhnQM/
>>1
失敗した時の写真あげるな恥ずかしい(≧ヘ≦)



12 七つの海の名無しさん [] 2012/08/29(水) 15:59:01.36 ID;Tzkcs8Fd
ややメタボ気味の普通の猫じゃんw 猫がネズミを取るかどうかは猫の考え次第だ。
運動能力からすれば、ネズミにはほとんど生き延びるチャンスはない。ただ、猫は
気まぐれだからなあ。



13 七つの海の名無しさん [sage] 2012/08/29(水) 16:38:53.35 ID;yHJ3v7C6
ウチの猫、ネズミ獲ると俺にお供えするんだよ
目覚めたら枕元に置いてあるんだぜ、マジ怖い



17 名無し [] 2012/08/29(水) 19:34:14.53 ID;z338cXc6
>>13
誉めてほしいんだよ。



18 七つの海の名無しさん [sage] 2012/08/29(水) 22:28:38.54 ID;WbMl1tmd
>>13
あれ喜んでやらんと拗ねるらしいぞ
ちなみに俺は朝起きたら枕元に首から血を流した鳩のお供えがあったことがある



19 七つの海の名無しさん [] 2012/08/29(水) 22:44:04.44 ID;VLqPl4QT
誉めないと信頼関係が悪化しそうだし、誉めてまたお供えされても困るな…



■関連記事 ⇒ 首相官邸のネコ「ラリー」、ネズミ捕りの任務を放棄?
 ⇒ キャメロン首相官邸に野良猫「ラリー」が“赴任”ネズミ退治に期待首相も歓迎



 ⇒ 【英国】首相官邸のネコ、野党のキャメロン首相批判にネズミ捕りで助太刀?[12/08/29]
 ⇒ ネコっていいね!倶楽部公式フォトブック
 ⇒ ネコカメ かわいく撮れるフォトレッスン






お勧めサイトの「猫のニュース」

※1回目の投票結果はコチラ