155: 本当にあった怖い名無し 2014/01/18(土) 05:03:44.34 ID:2thWTghEO
私はたまに金縛りになるんだけど、さっきまで金縛りにあってた

金縛りって、体が寝てて頭の中がまだ起きてるからなるんだっけ?
なんかそんなようなことを聞いてから前ほどは怖くなくなったけど、でもやっぱり怖い

怖いと思ってるいるからか目を瞑ってても何か見えるし、息がしにくくなって苦しい
しかも私の場合、1回解けてもそれを2、3回必ず繰り返すから怖い

156: 155 2014/01/18(土) 05:10:06.02 ID:2thWTghEO
怖くてずっと頭の中でうちの猫の名前を呼んでたら、ひょっこり現れてくれた

その途端に金縛りも解け、助けてくれてありがとうって、顔にスリスリした
本当可愛くて堪らない

いつもは繰り返す金縛りも今日は無くて、完全に目が覚めて今泣きながら書き込みしてる

今日はうちのコの月命日

157: 本当にあった怖い名無し 2014/01/18(土) 09:33:17.66 ID:pC5FitzW0
金縛りになったら念仏とかの方が効果あるよ

158: 本当にあった怖い名無し 2014/01/18(土) 10:14:20.06 ID:9Gcr120h0
念仏が効果があるのは、信心があればこそ。
無いのに唱えて、霊にプークスクスをされた事例がw

160: 本当にあった怖い名無し 2014/01/18(土) 13:39:06.69 ID:2thWTghEO
金縛りには念仏がいいんですね
知らなくていつも強気で、絶対負けないとか色々、頭の中で怒鳴り散らしてました

でも今朝方の金縛りみたいに、亡くなったうちのコがいつも助けに来てくれるなら、たまには金縛りもいいかな

よく考えてみたら、うちのコが亡くなって今日までちょうど7か月、一度も金縛りにあわなかったし、見守ってくれてるのかな…

今日は短い時間だったけど、確かにあのコに触れることが出来て、姿もハッキリ見えたんだ
あのコが亡くなってから心が空っぽになった気がしてたけど、久しぶりに嬉しい気持ちになれてよかった

162: 本当にあった怖い名無し 2014/01/18(土) 15:02:22.07 ID:fKd4fiJ00
>>160
俺も2003年に22年共に生きた猫を見送った経験がある。
愛する者を失う悲しみは痛いほど分かる。
だけど、いつまでも悲しみ続けるのではなく、
早く、その悲しみを感謝に変えて、自分の一部にできるといいね。

俺は「虹の橋」という天国に一番近い楽園へ、命を終えた動物たちは旅立ち、
俺たち飼い主が天寿を全うしたら、そこで再開し、天国へ上がっていくと信じてる。
「虹の橋」でググるとヒットするから、もし知らなかったら検索してみてね。

俺が飼っていた猫はたまに、夢の中で、紫色の光りと共に降りて来て、
俺が悩んでいることに対してアドバイスをしてくれたりする。
その他、今飼っている猫が行方不明になった時に出て来てくれたり、
旅立った猫を、夢の中で、迎えに来てくれたりした。

幸せは過ぎ去った後にしか分からない。
俺たちよりも先に旅立ってしまう猫を飼うということは、
その覚悟と、今の幸せという本質を教えてくれる。

163: 本当にあった怖い名無し 2014/01/18(土) 16:38:25.07 ID:2thWTghEO
>>162
22年って凄いですね
物凄く羨ましいです

私は、もうあと3か月で13歳になるというところであのコを逝かせてしまいました

病気がわかった時点でもう余命2、3か月と言われ、片時も離れることなくほとんど寝ずに看病しました

看取って数日は、もちろんすごく悲しかったけど、あのコはもう苦しくない、これは前向きなお別れだったんだって、そんな気持ちでいました

でも日を追う事に、私にもっと知識があればもっと一緒に居られたかもしれないとか、叱ったことを後悔したり、どんどんペットロスが酷くなっていき、今日まで泣かなかった日はほとんどないです

161: 本当にあった怖い名無し 2014/01/18(土) 14:14:29.65 ID:wHdQF05C0
。゚(゚´Д`゚)゚。

164: 本当にあった怖い名無し 2014/01/18(土) 16:45:56.79 ID:2thWTghEO
でも今日の出来事で、前に進めそうな気がします

あのコは天国にいるけど、いつも見守ってくれてるって確信できました

私が死んだらまた一緒に暮らせるって思いました

虹の橋、悲しくて全部読んだ事はありませんが、私も信じています

人にバカだと思われようが今日起こったことは事実だし、あのコがいつも側にいてくれてるのがわかったから、安心することができました

あのコがさみしい思いをしていないかずっと心配していたけど、あのコは立派に私を守ってくれていました

7回目の月命日で、初めて心からありがとうと言うことが出来ました

引用元:猫に関する不思議な話 15
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1387854276/155-164