1: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 20:38:14 ID:FT6OZ6gE0
離乳前の子猫を保護してから、里親さんの手に渡るまで
語らせてください。

2: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 20:45:23 ID:FT6OZ6gE0
8月末、友人から『子猫保護したので飼い主探してます!』とメールが届いた。
友人宅で野良猫が子猫を産んだが、母親が交通事故で亡くなってしまったそうです。
目が開いたばかりの子猫が四匹。
私は速攻で、うちで面倒見ながら里親を探すよ!と返信していました。
no title

この写真が送られてきました。
うちには先住が二匹いるけれど、最悪里親が見つからなかったら全員うちの子にしようと考えていました。
レッツ猫屋敷!

3: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 20:51:21 ID:FT6OZ6gE0
仕事の関係で、数日後に友人が届けにきてくれることに。
その数日間で二匹は里親が決まったみたいで、うちに来たのはミケとチャトラの二匹でした。

no title

うちに来たときの写真。
目が開いたばかりと聞いていたのでもっと小さいと思っていましたが
実際見てみると意外と成長した状態だったので、少し安心しました。

4: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 20:57:55 ID:FT6OZ6gE0
友人が毛布とぬいぐるみを入れてくれていて、その毛布をふみふみしていました。
朝晩涼しくなってきていたので、電気アンカを毛布の下に入れました。
粉ミルクと哺乳瓶、排泄用にコットンを用意して
育児の始まりです。

5: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 21:13:41 ID:FT6OZ6gE0
no title

no title

まだヨコミミです。
ひたすら鳴いていました。

哺乳瓶は最初抵抗があったみたいであまり飲んでくれませんでした。
ミルクを指に付けて、鼻のあたりに持って行くと必死で吸おうとします。
かなりお腹が減っていたのだと思います。
指にミルク作戦は、量を与えられないので何とか哺乳瓶に慣れて貰う必要がありました。
哺乳瓶の先から少しミルクを出した状態で、口元へ持って行きました。
すると、哺乳瓶を噛み噛み…
まだ飲み方はぎこちないですが、哺乳瓶からミルクが出ることに気付いてくれました。

7: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 21:19:38 ID:FT6OZ6gE0
すぐに哺乳瓶に慣れて、上手に勢いよく吸うようになってくれました。
食欲旺盛で、とても元気!

早速里親募集を開始しようと、里親募集サイト数件、SNSのコミュニティ一件、協力してくれそうな友人数名に連絡しました。

no title

no title

8: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 21:25:36 ID:FT6OZ6gE0
no title

no title


これらの写真を送ったり載せたり…
可愛い!と反響が凄かったです。

ですが早くも里親探しの難しさを知ることに…。

9: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 21:34:05 ID:FT6OZ6gE0
里親募集サイトから早くも里親希望のメールが来ました。
流石子猫、これはすぐに決まるかな?
と思いました。

県外からの希望者で、猫の扱いに慣れてそうな女性でした。
ミケに一目惚れした、是非引き取りたい。実際に見てチャトラも気に入ったら二匹引き取りたいと。
しかし、引き取りを急いでいるようで、木曜日にメッセージが来て、今週中に取りに行きたいとのことでした。
土日は予定があったので、今週中といったら明日しかない…
しかも、離乳前の子猫は何があるか分からないので、離乳してからの受け渡しをおすすめすると同時に
住所や名前などの個人情報を教えてくださいと返事しました。

10: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 21:55:38 ID:FT6OZ6gE0
すると、すぐに返信が来ました。
『離乳してからじゃ遅すぎる。乳飲み子から育てた方が懐き方や情のわき方が全然違うから、出来れば生後一週間くらいの子猫を探していた。
と言うわけでキャンセルします。』
こういった内容でした。

…正直落ち込みました。
こういう考えで里子を探している人がいるということにです。
離乳前の子猫を育て、成長する過程を見守ることは、確かに感慨深いものがあります。
感動ですよ。大きな喜びですよ。
でも、幼猫に必要なのは母猫です。
人口保育を必要とする場合、母猫が亡くなったり、育児放棄、人間により捨てられたりと、やむを得ない事情がある場合だけで、
人間の事情でそれをするべきではありません。
それに、離乳前の子猫はとてもデリケートで、何があるか分からないし、お世話も大変なのに、わざわざその状態を好んで引き取りたいということに
疑問がわきました。
本当に離乳前の子猫を探していたのか、個人情報を教えることに抵抗があったのか…
どちらにしても、里親探しは慎重にしなければと思った出来事でした。

12: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 22:05:16 ID:FT6OZ6gE0
自分が猫を飼おう!と決心して、里親募集サイトをウォッチングしていた時に感じたことは、
条件が厳しい募集が多い!これじゃ誰も飼う資格ないじゃん!でした。
だから私は特に厳しい条件も出さず、兎に角大切に育ててくれる方お願いします!
という感じで募集をかけました。
それがいけなかったのか、他にも怪しいメールが数件来ました。
その度に悲しくなりました。

募集の条件を厳しくする人の気持ちが分かりました。

13: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 22:08:29 ID:FT6OZ6gE0
でも凹んでる場合じゃない、今は自分がしっかりしなければ!
no title

no title

子猫たちはすくすく育っていきました。
ミルクを飲むときは足ピーン!で可愛かったです。

14: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 22:09:57 ID:emST2shc0
見てますよ
みんなかわいいですね

15: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 22:23:19 ID:FT6OZ6gE0
no title

こんなに儚く、可愛らしいけれど、たくましく生きている姿を見たらもう駄目ですね。
おまえたちは何が何でも幸せになるんだぞー!と。

怪しい里親希望の直後、怒涛の里親希望ラッシュでした。
某SNSでも里親詐欺情報を送ってくれた方、里親決めるのは慎重に!と警告してくれた方、兎に角応援してくれた方が多く、
世の中捨てたもんじゃない、ちゃんと大切にしてくれる里親は見つかる!
そう確信しました。

そして運命の出会いがやってきました。

17: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 22:32:56 ID:FT6OZ6gE0
友人数名から、里親になりたい人見つかりそうだよ!とメールがありましたが
この仲良し兄妹を引き離すのは心が痛む気もしました。
出来れば二匹一緒に引き取ってほしい…が本音でした。

すると、里親募集サイトからメールが来ました。
県外からの希望で、是非二匹一緒に引き取りたいという方でした。
人柄が滲み出る丁寧で優しい文章で、猫に対して兎に角熱心な人だと伝わって来ました。
県外からの応募で前の一件があったにも関わらず
あ、この人だ。
そう思いました。

18: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 22:46:33 ID:FT6OZ6gE0
少し時間を貰い、悩みに悩んだものの
やはり二匹一緒に引き取ってくれる方にお願いしました。
個人情報の提示も快く応じてくれて、離乳後の引き渡しになるので当日まで約三週間。
それまでラインで子猫たちの近況を送ることにしました。
一安心です。

19: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 22:49:30 ID:FT6OZ6gE0
no title

no title

いつの間にか、すっかり猫らしくなった子猫たちです。
歩き方も顔立ちも、凄くしっかりしました。
美形です。

20: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 22:51:52 ID:FT6OZ6gE0
no title

ルイスウェインの絵を眺めるミケちゃん。
我が家の家宝に釘付けでした。

21: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 22:58:39 ID:FT6OZ6gE0
no title

no title

no title

no title

相変わらず足ピーンで、耳をピクピクさせながらの授乳姿です。

22: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:02:16 ID:XwjaTMK20
スレ主さん、でかした!

よかったな~~ 
2匹一緒なんて嬉しすぎるわ!

23: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:07:05 ID:FT6OZ6gE0
no title

自力で排泄できるようになったので、小さなトイレを置いてみました。

匂いの付いた新聞紙をちぎってまぜておいたら、ちゃんとしてくれました。
やっぱり猫って賢い…!

24: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:08:35 ID:FT6OZ6gE0
no title

友人に送ったら絶賛されたベストショットです。

25: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:18:14 ID:FT6OZ6gE0
ミルクをごくごく飲んでいましたが、そろそろ離乳食という時期が来たので挑戦です。

しかし、離乳食に見向きもしない!
指につけても全然駄目で、ミルクを多めに混ぜて作ったりもしました。
しかし全く食べようとしないので、口を開けて舌の上に指に付けた離乳食を乗せる
という儀式を、ミルクの前に毎回しました。
すると、二日後ぐらいに指に付けた離乳食を自分からぱくっとしてくれました。

26: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:22:42 ID:FT6OZ6gE0
no title

no title

ここからは早かったです。
スプーンに盛った離乳食を口元まで運んであげて、食いついたら
ゆっくりスプーンを下ろしてお皿まで誘導してあげました。

二匹とも、上手に食べてくれるようになりました。

27: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:27:22 ID:FT6OZ6gE0
no title


それでもまだミルクはお皿から飲まなかったので
哺乳瓶であげていました。
焦らなくても良いか~と思っていましたが
この写真を撮った直後に、ミケちゃんが哺乳瓶を噛み切ってしまいました。
誤飲の危険性があるので、急遽ミルクもお皿に切り替えてみました。

28: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:29:45 ID:FT6OZ6gE0
no title

最初はゴフッとなっていたものの、ミルクもお皿から上手に飲むようになりました。
たくましく、賢い子たちです。

29: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:35:44 ID:FT6OZ6gE0
no title


これが最後のまともな写真になります。
ミケちゃん、美人さんです。
おまけに幸せを運ぶかぎしっぽ。
お鼻のほくろが愛らしいですね。

離乳食を食べるようになってから、一気に大きくなりました。

30: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:39:58 ID:FT6OZ6gE0
no title


もうすぐ貰われていくある日の写真、もう残像しか撮れなくなってしまいました(笑)
兎に角凄い!
パワフル!
二人で遊んでたかと思うと私に登ってきたりして…楽しかったです。

31: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:45:13 ID:FT6OZ6gE0
no title


里親さんが迎えにくる当日。
子猫たちをリビングに移して待機していました。
先住ちゃん、びびりまくりでした。
近くまで行って鼻を近付けたら、子猫のパンチを食らって逃げていきました。
何というびびり…。
もう一匹の先住ちゃんはひたすら威嚇していましたが、時間が経ったら大分落ち着きました。

32: 猫好きな名無しさん 2014/10/05(日) 23:54:29 ID:FT6OZ6gE0
里親さん到着後、家に少し上がって貰い雑談しました。
猫好きな素敵なご夫婦で、安心しました。
うちの先住ちゃんたちのことも可愛がってくれて、対面した子猫たちとも楽しそうに遊んでいました。

別れの時。
約一ヶ月面倒見て、大変なこともあったけど、無事に成長して良い里親さんと出会えて良かった。
本当に楽しい一ヶ月でした。

泣くつもりはなかったのですが…
里親さんが、私の気持ちを思うと悲しいと言って泣いていて、
その涙を見たら私も涙が溢れてきました。
何て良い人に巡り会えたんだろう!
そんな嬉し涙でした。

33: 猫好きな名無しさん 2014/10/06(月) 00:11:24 ID:B2w6HET.0
帰りは子猫たちの様子を気遣いがら、休憩をはさみながら慎重に帰ってくれたそうで、
無事に到着したと連絡があり、安心しました。

それから約一週間…
素敵な名前を貰い、新しい家でのびのびと遊び
沢山の愛情を注がれながらすくすくと育っている二匹の動画を
里親さんが送ってくれて、それを見てニヤニヤしています。

今までも多くの猫と関わってきましたが
猫との出会いはどれも宝物だということ、
その出会いによって、考え方や人生が変わったりして
自分の人生になくてはならない存在だと、毎回思うのです。

今回この二匹を保護してくれた友人いわく、私はNNNにマークされていると(笑)
光栄なことです。

34: 猫好きな名無しさん 2014/10/06(月) 00:18:57 ID:B2w6HET.0
no title


最後はうちの子自慢でしめようと思います!

見てくださった方々、ありがとうごさいました。



※続き: 【萌画像多数】 乳飲み子二匹の里親になって2年たった話
   http://nekomemo.com/archives/49776689.html


引用元:乳飲み子二匹の一時預かりをした話
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1412509094/

※1回目の投票結果はコチラ