1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/13(水)14:48:45 ID:PyZ
1/11、Twitterユーザーの@butailleさんはフォロワーの中で最も生きる意味を見失っていた人が
猫を家族に迎え入れた結果、いい意味で急変したと4枚のキャプチャ画像を投稿した。
no title


4コマ漫画のような起承転結あるストーリーを紹介しよう。

▼まず1枚目のキャプチャ。
Twitterユーザーの「こことり@kocotori23 」さんは自分がこの世に存在する意味を見失っていた。
2015年11月30日のことだ。
no title


▼だが、1/11に子猫がやってきた。名前は古風につけたようだ。
no title

▼こことりさんは愛くるしい子猫に夢中。この気持ちはよく分かる。
猫というのは不思議なもので、人間はその可愛い仕草をみているだけで心が癒されるものなのだ。
no title


▼そして、なんとあれだけネガティブなツイートを投稿していたのが嘘だったかのように、
エネルギッシュになってしまった。精神科に通うよりよっぽど効果があったのではないか。
no title


続きはソースで
http://netgeek.biz/archives/64526

2: 名無しさん@おーぷん 2016/01/13(水)15:35:23 ID:mCb
猫はせいぜい15年で死ぬ
あるいは子猫が成猫になったときに可愛いと思い続けられるのか
その時このシニタイ君が生きて行けるのか心配だ


以下、ツイッターのつぶやきをお送りします

























引用元:死にたいと漏らしていた若者が猫を飼った途端に生きる意味を見つけた話
http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1452664125/

※1回目の投票結果はコチラ