1: 丸井みどりの山手線 ★ 2016/02/13(土) 10:13:49.53 ID:CAP_USER*.net
2016年2月13日09時54分
 JR高崎駅西口に住み着き、前脚に大けがをした猫を動物愛護団体のメンバーが5日に保護した。保護作戦は昨年5月から始まり、メンバーの出動は50回近くに及んだ。猫は左前脚を骨折し傷口が悪化する恐れがあるため、群馬県高崎市内の動物病院で今月6日に切断手術を受け、メンバーの家で新しい飼い主を待っている。

 保護した動物愛護のNPO法人「群馬わんにゃんネットワーク」(飯田有紀子理事長)によると、キジトラ模様の猫が居着いたのは駅ビルと2階通路(デッキ)の間。コンクリートと金属に囲まれた場所だが、餌や水を与える人がいたため、離れなかったとみられる。しかし昨年春ごろ、左前脚をけがして、折れ曲がった状態になった。傷口が赤く腫れ、出血もたびたび確認された。

 ネットワークは治療をするため昨年5月から捕獲器を仕掛け、8月には高崎署員らの協力を得て捕まえようとしたが、排水溝などにつながる狭いすき間に逃げ込まれた。

 追いかけ回しても捕獲は難しいと判断し、メンバーらは昨秋以降、複数のすき間を毛布などで塞ぎ、出入り口を1カ所にしぼった。ただ、そこにネットを仕掛ける前に逃げられることが20回ほどあり、姿すら見えず空振りだった日を含めると出動は50回近いという。

 日中の保護が失敗続きだったため、今月5日は日没後の午後6時半から6人で試みた。猫は出入り口から離れた場所にいた。メンバーは素早くすき間を毛布で塞ぎ、一時的に逃げ場をなくした。猫と間合いをとりながら、毛布の替わりにすき間の奥までネットを仕掛けた。毛布がなくなったのを見た猫は、すき間に入り込んでネットにかかったという。

 猫は雄で、JRにちなんで「J(ジェイ)」と呼ばれている。手術後も食欲があり、左前脚がなくても日常生活に支障はないという。メンバーが人に慣れるように世話をしている。

 飯田理事長は「治療でき、ほっとしているが、新しい家族と安住の場所が見つかるまで責任を果たしたい」と話す。譲渡希望や問い合わせはメール([アドレスはソースでご確認ください])か、電話([電話はソースでご確認ください])へ。

引用元:http://www.asahi.com/articles/ASJ2B4ST2J2BUHNB00B.html

15: 名無しさん@1周年 2016/02/13(土) 10:38:58.08 ID:tHJptZGs0.net
>>1
no title

治療後、ボランティアの自宅で過ごす猫
no title

左前脚が折れ曲がった状態で高崎駅西口にいた猫=2015年8月、高崎市八島町(微クロ注意)
画像貼ってよう

22: 名無しさん@1周年 2016/02/13(土) 11:03:17.21 ID:+d61rvMW0.net
自分で傷口舐めて傷広げちゃうんだよな

14: 名無しさん@1周年 2016/02/13(土) 10:37:58.69 ID:HbYqL9qR0.net
その調子で他の大勢の怪我した猫も
全部治療してください

9: 名無しさん@1周年 2016/02/13(土) 10:23:43.23 ID:PvL77h070.net
足が1本なくても今は大丈夫でも年を取って衰えたときに大丈夫か心配だ
実家で飼ってた猫は16歳くらいから足腰が弱ってフラフラ歩いてたからな
獲物を捕るときだけは猛ダッシュできてたが

12: 名無しさん@1周年 2016/02/13(土) 10:36:24.39 ID:jVftMsgt0.net
>>9
前提は完全室内飼いだろ
昔うちの近くにも片方の前脚ないノラ雄猫がいたけど、しっかり子ども作ってたなあ
時々上半身を中心に傷を作ってた



引用元:【いきもの】大けがから9カ月、ネコのジェイやっと保護 JR高崎駅[朝日新聞]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1455326029/

※1回目の投票結果はコチラ