1:リサとギャスパール ★2016/05/29(日) 18:32:46.87 ID:CAP_USER9.net
京都市下京区の梅小路公園で野良猫の保護活動を行うNPO法人「京都どうぶつあいごの会」(南区)が、市内に捨てられるなどした生まれたばかりの子猫の命を救う新しい取り組みを始めた。
ボランティアが一時的に世話をし、その間に里親を探す。活動をPRして協力を募るため、左京区の飲食店で写真展を開いている。

 公園以外での捨て猫や迷い猫の相談に対し、施設の容量から保護に限界があった。
ボランティアの力を借りて1匹でも多くの子猫を救おうと、「京都小さな命をつなぐプロジェクト」と題して4月に立ち上げた。
 保護した子猫を生後8週ごろまで「ミルクボランティア」に預け、フェイスブックやブログで様子を紹介して引き取り手を募る。
譲渡先が見つからない場合は、飼育を「一時預かりボランティア」が担当し、あらためて引き取り手を探す。
ミルクや哺乳瓶、ペットシートといった必要な物資は寄付などを通して用意し、ボランティアに提供する。

 写真展は左京区浄土寺西田町の「おうちごはんcafe たまゆらん」で開かれている。
梅小路公園などで過ごす猫のユニークな姿を切り取っている。入場無料で、一品は注文が必要。原則木曜定休。6月29日まで。

 あいごの会の喜多村賢副理事長(55)は「将来的には一軒家などを借りて、保護した子猫の世話ができるスペース『ミルクステーション』を作りたい」と話している。
ボランティアの応募(市内対象)や寄付の問い合わせは、京都どうぶつあいごの会TEL(ソースに記載)へ

no title
梅小路公園や京都どうぶつあいごの会が保護する猫たちの写真で活動をPRしている(京都市左京区・たまゆらん)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000012-kyt-l26
京都新聞 5月29日(日)15時20分配信

10:名無しさん@1周年2016/05/29(日) 18:42:43.13 ID:lQqStZJ00.net
ペットショップ禁止にしろ
NGOが頑張れば頑張るほどクズペットショップは
その善意に寄りかかってくるだけだ

23:名無しさん@1周年2016/05/29(日) 19:40:12.64 ID:ddc5qM5E0.net
>>10
今の野良猫の多くは野良猫が産んだ野良猫

26:名無しさん@1周年2016/05/29(日) 20:15:38.72 ID:zI7h+hQv0.net
>>10
★ペットショップやブリーダーの規制・販売禁止は野良猫問題の解決にはならない★

「ショップやブリーダーで気軽に買えるから簡単に捨てられ、野良猫が増える。だからショップやブリーダを
規制・販売禁止せよ」と言う人がいますが、それは疑問です。まずペットの入手先から。

【ペットフード業界調査】平成26年 全国犬猫飼育実態調査
http://www.petfood.or.jp/data/chart2014/02.html
※入手先は一番下

拾った 42.2% ショップ&ブリーダー 18.4%

東京都における犬及び猫の飼育実態調査の概要(平成23年度)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/horeishiryou/siryou.files/23tyousa_gaiyou.pdf
※入手先は11ページ

拾った&居ついた 48.9% ショップで購入 5.7%

 野良猫を拾ったがトップでショップ・ブリーダーの倍以上です。ショップ・ブリーダー入手の猫は捨てられても元野良猫は捨てられない
とは言えません。逆にショップで10~30万もする猫とタダ同然で入手した元野良猫では、後者の方が捨てられやすいのでは?

 次は保健所での引き取り。

【環境省】犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況(平成25年度)
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html

『所有者不明の引き取り』成熟個体 19,762 幼齢個体 61,618

 幼齢個体は成熟個体の3.1倍で離乳前です。ショップは法律で生後56日以内は販売できない上、離乳前の子猫の飼育は初心者には難しく、
ショップで販売する事はまず無いと考えられます。
 またショップやブリーダーから入手できる猫は、基本的に純血種なのに対して里親募集サイトで公開されている猫の殆どが雑種です。
野良猫の大半がショップやブリーダー経由の捨て猫ならば、里親サイトで公開されている猫は純血種が大半でないと辻褄が合いません。
 そして江戸時代以前から日本には猫がいて放し飼いされており、今の野良猫はその末裔でもあります。

 これらを纏めると、野良猫たちのごく一部や祖先の一部にショップ&ブリーダー経由の猫がいても、野良猫の大半は繁殖したものです。
つまりショップやブリーダを規制・販売禁止するよりも、野良猫への餌やり等による繁殖を抑えないと効果は無いと言えます。

※野良犬に関しては『犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況』を見ても判る通り少ないので、まずは野良猫を対策すべきでしょう。

14:名無しさん@1周年2016/05/29(日) 18:53:25.60 ID:m8/fq+JO0.net
ネコ飼おうと思って去年の秋に梅小路公園行って見たけど
管理されてそうな成体のネコしか居なかった
普通の野良猫にはどこ行ったら会えるんだろう

16:名無しさん@1周年2016/05/29(日) 18:58:06.36 ID:Y9mLsbOr0.net
>>14
伏見稲荷
エイズが多いけど

20:名無しさん@1周年2016/05/29(日) 19:19:52.15 ID:mjnUCvqc0.net
>>16 千本鳥居まで行ったけど1匹しかいなかったぞ。



引用元:【動物】子猫の保護活動協力を 京都のNPO、新プロジェクト 里親探しで写真展も
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1464514366

※1回目の投票結果はコチラ