302: 猫好きな名無しさん 2017/01/31(火) 18:37:55 ID:FN5e2RQU0
 ⋀♕⋀ ママのおかげで、世界は怖いところではないと
(₌◕⋏◕₌) 学び始めた、元野良猫のファラオさん。

ファラオは、トレーラーハウス用の広場のそばの森に住んでいました。
彼は、とても人間を恐れていました。
Cheyenneさんは、飼っている子猫の遊び相手になる猫が欲しいと思い、地元の施設を訪ねました。
そこで、トレーラーハウスの住人が連れて来たファラオと出会いました。
施設のスタッフは、Cheyenneさんに、ファラオは約2歳ですと紹介しました。
「彼は、私が飼いたいと思っていた猫とは違いましたが、彼を見て、私はすっかり気に入ってしまったので、
彼を連れて帰らなければと思いました。
ファラオはまだ若いので、人間と暮らすことに慣れるのは簡単だろうと思いました。」
no title
Cheyenneさんは、ファラオを連れ帰ると、彼が新しい家に馴染めるように部屋を用意しました。
彼はCheyenneさんが部屋に入ってくるたびに近寄って来ましたが、誰にも決して触れさせませんでした。
さらに、彼は食事を摂ることも拒否しました。
「私は、彼が緊張しているのだろうと思いました。
しかし、4日経っても彼がご飯を食べなかったので、獣医に診てもらうことにしました。」
診察の結果、驚くべきことがわかりました。ファラオは約10歳だったのです。
ファラオは、甲状腺機能亢進、心臓の雑音、歯周病を患っていました。
さらに、彼は年齢に対して体重が足りませんでした。獣医は、彼に必要な薬を処方しました。
no title

「彼は、私が飼いたいと思っていた、健康な子猫ではありませんでしたが、
この時には、私はすでに彼を手放すことなんて考えられませんでした。」
薬のおかげで、ファラオの健康状態は改善し始めましたが、相変わらず彼はとても神経質で、
おびえていて、誰にも触らせませんでした。
Cheyenneさんは、彼の過去に何があったのかわかりませんでしたが、
とにかくファラオを愛し、彼が彼女のことを信頼してくれる日を待ち続けました。
そして、その日が来ました。
no title

「私がソファに座っていると、彼が近づいてきて、膝に飛びのりました。
しばらく彼をなでた後、立ち上がると、彼は私について来て、後ろ足で立ち上がると、
前足で私に触れました。私が彼を抱き上げると、彼は私の肩に上って、喉をゴロゴロさせました。」
長い間おびえていたファラオは、ついに、彼はもう安全なのだということを理解したのです。
no title

ファラオは、まだ知らない人を怖がりますが、毎日少しずつ勇気を出しています。
彼は、新しいママの助けを借りながら、世界は怖いところではなく、
彼の本当のお家は、愛で満たされているということを学んでいます。

出典:【the Dodo】Cat Finally Lets His Mom Hold Him — Months After Being Adopted
https://www.thedodo.com/cat-scared-to-be-held-2219433945.html



引用元:(=゚ω゚) 可愛い猫の動画や画像を貼るスレ:Part 2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1473137477/