594: 猫好きな名無しさん 2017/06/19(月) 19:50:26 ID:Q5CkF7jU0
 ⋀♕⋀ 怖がりだった猫が、今ではママのスーパーヒーローに。
(₌◕⋏◕₌) 3本脚のバットマンさん!

白黒猫のバットマンが、最初の3年間、どのように暮らしてきたのかは謎です。
2015年5月、ノースカロライナ州の施設に来た時、彼はすでに3本脚でした。
彼がどうして脚を失ったのかもまた、誰にもわかりませんでした。
no title

バットマンは、ケージの中でとても惨めでした。ストレスに苛まれた結果、
自分の爪をむしり取ってしまったほどでした。
no title

ある保護団体が彼のことを知って、彼を引き取り、ケージではなく、保護猫用の部屋に住まわせました。
彼の足の傷は癒え、爪も生えてきました。
しかし、バットマンは相変わらずおどおどしていて、ほとんどの時間、「ほら穴」に隠れて過ごしていました。
彼は、他の猫たちと同じ部屋で暮らすことになじめませんでした。
no title

2015年7月11日、彼の生活は一変しました。
彼がいつものように隠れていると、誰かが部屋に入ってきて、ほかの猫たちと遊び始めました。
no title

ローレンさんは、保護猫を引き取りたいと思って施設にやって来ました。
彼女は、初め、隠れているバットマンに気が付きませんでした。
しかし、他の猫たちと遊んだ後、バットマンが動き始めました。
no title

彼は頭を「ほら穴」から突き出しました。ローレンさんは彼をなでました。それは一目惚れでした。
バットマンは「ほら穴」から出て来た時、ローレンさんは彼が3本脚であることに気づきました。
no title

バットマンは勇気を奮い起こして出て来ましたが、ほかの猫に威嚇されてしまいました。
その光景にローレンさんは心を傷め、バットマンを今すぐに家に連れて
帰らなければならないと思いました。
no title

「あなたはもういじめられることはないわ。たとえあなたがいつも隠れていても、
私からのお世話を必要としなくても、あなたは永遠に私のものよ。何があってもね。」
と、ローレンさんはバットマンに話しかけました。
その日、バットマンは保護施設を後にしました。
no title

彼は、本当のお家に着くと、ベッドの下に隠れてそのまま数日を過ごしました。
ローレンは彼が家庭での生活に慣れるために必要なものをすべて与えました。
たくさんの愛と忍耐の結果、バットマンは徐々に自分の殻から出て来ました。
no title

no title

「バットマンは、部屋中をおもちゃを追いかけて走り回ったり、ご近所を観察する
ために窓辺に飛び乗ったり、階段を昇り降りするのが大好きです。」
no title

「バットマンはとっても甘えん坊です。ママにくっついてお昼寝したり、
バードウォッチングをしたり、日光浴したりするのが好きです。
エビのオヤツも好きだし、とても賢くて『NO』という言葉も知っています。」
no title

「3本脚の猫だって、ほかの猫たちと何も変わりません。
3本脚の猫を引き取ることをためらわないで。彼にできないことなんて何もありません。」
バットマンは、もうすぐ5歳になります。
かつての怖がりな保護猫は、幸せで遊び好きで個性的な猫になりました。
彼は今、自分の暮らしを楽しんでいます。

動画
https://www.instagram.com/p/BU26MvoBD38/

インスタグラム →
https://www.instagram.com/mrbatmancat/

出典:【Love Meow】Cat Too Scared To Leave His Cave at Shelter Finds His Supurr Power After Woman Takes a Chance on Him…
http://www.lovemeow.com/cat-too-scared-to-leave-his-cave-at-shelter-finds-his-supurr-power-aft-2442865070.html




引用元:(=゚ω゚) 可愛い猫の動画や画像を貼るスレ:Part 2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1473137477/

※1回目の投票結果はコチラ