No Image...

※管理人注意
この記事はSS(ショートストーリー)をまとめたものです。
「野良猫への餌やり」「保健所」などを扱ったテーマになっているので
「ほのぼの」「癒し」「和み」のみを求めてる方は、そっ閉じでお願いします。
(※そっ閉じ:何も言わずにブラウザを閉じるの略)
話は予想外の展開で思いもよらない結末を迎えます(いちおうハッピーエンド?)

なんでこんなもんをまとめた!クソ管理人が!!
みたいな意見は甘んじて受け入れますが
コメント欄で読者の皆さん同士で喧嘩するようなことがないように、くれぐれもお願いします(他の記事でも同様) 議論と喧嘩は別物です。無闇に煽ったり、皮肉を言い合ったりするのはNGです(他の記事でも同様)
お互いの意見を尊重しあい、自分の意見を一方的に他者に強要する・押し付けるようなコメントは控えてください(他の記事でも同様)

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 00:45:06.232 ID:C63OWLu+0.net
老婆「ほーれほれ」パッパッ

野良猫「ニャ~ン」





男(あのババア、また野良猫に餌やってやがる)

男(ムカつくなぁ……)

7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 00:48:28.634 ID:C63OWLu+0.net
老婆「ほーれほれ」パッパッ

野良猫「ニャンニャン」





男(また今日も……!)イラッ

男(ええい、文句いってやる!)

10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 00:51:44.271 ID:C63OWLu+0.net
男「おい!」

老婆「なんだい?」

男「いい加減にしろよ……野良猫に餌やってんじゃねえよ、ババア!」

老婆「うるさいねえ……」

男「うるさくいわなきゃ、やめねえだろ!」

老婆「なんでやめなきゃならないんだい?」

男「んなもん決まってんだろ!」

11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 00:54:05.566 ID:C63OWLu+0.net
男「野良猫じゃなく、俺に餌くれよ!」





老婆「やっぱりそういうことだったかい……」

12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 00:55:42.086 ID:iJgOJPWAr.net
お?

14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 00:57:13.401 ID:C63OWLu+0.net
老婆「なんで餌を欲しいんだい?」

男「俺、今無職なんだよ!」

男「貯金も尽きちゃって、もう三日もまともに食べてねえんだ! 助けてくれぇ……!」

老婆「食いたいんなら、ハロワ行きな」

男「イヤだ!」

男「働かずに食うメシはうまいからな!」

老婆「やれやれ、どうしようもない奴だねえ」

15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:00:33.336 ID:C63OWLu+0.net
老婆「だったら、こうしようじゃないか」

老婆「あたしの餌を欲しけりゃ、自力で取ってみせるんだねえ」

男「よーし!」

男「勝負だ、野良猫っ!」

野良猫「ニャーン!」

老婆「ルールは無し。とにかく食った方が勝ちとするよ」

16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:04:07.650 ID:C63OWLu+0.net
老婆「ほれっ!」パパッ

野良猫「ニャンッ!」パクッ

男「くっ!」


老婆「ほれいっ!」パパッ

野良猫「ニャーンッ!」パクッ

男「くそーっ!」



老婆「全然取れないじゃないか。そんなんじゃ餓死しちまうよ」

男「ちくしょう……もう一丁!」

17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:06:30.912 ID:C63OWLu+0.net
老婆「ほれい!」パパッ

野良猫「ニャンッ!」パクッ

男「このドラ猫が! こうなりゃ力ずくで!」ガシッ

野良猫「フギャギャーッ!」バリバリバリ

男「ぐおおおっ……!」

老婆「こりゃ、まだまだ食べられそうにないねえ」

老婆「さあ、次の餌だよ! ほれいっ!」パパッ

19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:09:20.172 ID:C63OWLu+0.net
月日は流れ――

老婆「ほれいっ!」パパッ

男「うおおおおおおっ!」シュバババッ

野良猫「ニャーッ!」シュバババッ

パシッ

男「取ったーっ!」

野良猫「ニャゴ……」

男「いただきます!」モグッ

男「――こ、これは!?」

20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:10:39.671 ID:mzGVkDQ+r.net
まずいだろ

23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:12:35.319 ID:C63OWLu+0.net
男「……プロテインじゃねえか!」

老婆「ほう! よく分かったねえ」

男「どうして、猫にプロテインなんか与えてるんだ?」

老婆「あたしが与えてるというより、この子が望んでるからさ」

男「へ……?」

老婆「この子はね……鍛えてるのさ」

野良猫「ニャン……」

男「!?」

24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:16:04.989 ID:C63OWLu+0.net
男「なんで!? どうして猫が鍛える必要がある?」

男「天下一猫武道会でもあるのか?」

老婆「それについて話すには、少々長くなるけどいいかい?」

男「いいとも!」

老婆「≪闇の保健所≫……って知ってるかい?」

男「……ああ、聞いたことある!」

老婆「知ったかぶりは男らしくないよ」

男「すいません」

25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:18:03.534 ID:mzGVkDQ+r.net
闇ww

26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:19:22.572 ID:U0zLO4oq0.net
予想外の展開でワロタ

27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:19:48.788 ID:C63OWLu+0.net
老婆「闇の保健所とは――」

老婆「近年設立された、動物駆除に特化した保健所のことさ」

老婆「害獣や害虫を、面倒な手続きなしに捕獲・駆除するために設立されたのさ」

男「へえ~、闇ってわりにまともな施設っぽいけど」

老婆「しかし、実態は罪なき動物たちを手当たり次第に捕えまくってるという」

男「なんだって!?」

男「なんでそんな施設が野放しになってるんだよ?」

老婆「所長がやり手らしくてね……。事実を巧妙に隠ぺいしてるらしいんだよ」

男「……闇の保健所の正体は分かった。で、野良猫が鍛える理由は?」

29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:23:05.151 ID:C63OWLu+0.net
老婆「それはシンプルさ」

老婆「なんと、あの子の恋人だった猫が、捕えられちまったらしいんだよ。≪闇の保健所≫にね」

男「なにい!?」

野良猫「ニャ~ン」

男「そうか……お前、恋人を救うために、体を鍛えてたのか……」

男「その心意気、気に入った!」

野良猫「ニャン!?」

男「俺にも手伝わせてくれ! 餌の奪い合いでだいぶ鍛えられたからな!」

老婆「これはこれは……頼もしい仲間が増えたねえ」

32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:26:22.698 ID:C63OWLu+0.net
ザッ!

所員A「そうはさせん!」

所員B「所長の命令で、貴様らを始末しにきた!」



男「あいつらは!?」

老婆「あの黒いスーツは、闇の保健所のエージェントだねえ」

老婆「気をつけなよ、奴らは≪殺しのLICENSE≫を持っている! 殺戮のプロさ!」

男「≪殺しのLICENSE≫……!」

33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:29:19.008 ID:EtgyNu7kr.net
このSSはどこに向かってるのか

34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:29:55.253 ID:C63OWLu+0.net
所員A「死ねいっ!」ブオンッ

野良猫「ニャン!」ヒョイッ

所員A「かわした!?」

野良猫「ニャアアッ!」バリバリバリッ

所員A「うぎゃあっ……!」



男「すげえ!」

老婆「生半可な人間じゃ、あの子にゃ勝てないよ」

35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:31:17.333 ID:mhhg0rNN0.net
猫は強いってバキに書いてあった

36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:32:31.013 ID:C63OWLu+0.net
男「俺も!」ダッ

所員B「シェイッ!」ビュオッ

男「とうっ!」ピョンッ

所員B「なにっ!? 猫のようなしなやかなフットワーク……!」

老婆(どうやら、餌の取り合いで想像以上に鍛えられたようだねえ……)

男「どおりゃあっ!」

バキィッ!

所員B「ぐおおっ!」ドサッ

37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:36:00.206 ID:C63OWLu+0.net
男「ハァ、ハァ、ハァ……や、やった……!」

老婆「見事だよ」

老婆「≪殺しのLICENSE≫を持つ所員を倒しちまうなんて」

男「これで俺も闇の保健所とやらを敵にまわしちまったわけだ」ニヤッ

老婆「そういうわけだねえ」ニタァ…

老婆「怖いかい?」

男「いいや全然、むしろ血が騒いできたさ!」

野良猫「ニャーン!」

老婆「時は満ちた! このまま闇の保健所に乗り込むよ!」

39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:39:04.937 ID:C63OWLu+0.net
ゴゴゴゴゴ……!



男「あれが闇の保健所……!」

男「なんてどす黒い気配を発してやがる……!」

野良猫「ニャァ……!」

老婆「ここまできてケツまくったんじゃ、しまらないよ! さあ、行くよ!」

男「おう!」

野良猫「ニャンッ!」

41:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:40:57.830 ID:qyXFZ+N90.net
ワロタ

43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:45:33.793 ID:C63OWLu+0.net
野良猫「ニャーッ!」

バリバリバリッ

「うぎゃぁぁぁぁぁっ!」


男「オラァッ!」

ドゴォッ!

「ぐほぉっ!」


タタタタタッ…

「侵入者だ!」 「逃がすなぁっ!」 「数で追い詰めろ!」


野良猫「ニャッ!」

男「まだあんなにいるのか! ちくしょう、キリがねえや!」

44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:47:05.706 ID:C63OWLu+0.net
老婆「まきびし!」パラパラ…


「グギャアアアッ!」 「いでぇぇぇ!」 「足に刺さったァ!」


男「ババア、やるじゃねえか!」

老婆「これでも伊賀の末裔なのさ」

男「ヒューッ!」

野良猫「ニャーッ!」

45:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:47:55.569 ID:Biy+N+4+0.net
行き着く先は何なのか

46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:50:50.488 ID:C63OWLu+0.net
男(保健所侵入から三時間、俺たちはようやくアジト中枢に入り込んでいた)



タタタタタッ!

男「あの、ダイヤとルビーとサファイアが敷き詰められた扉……!」

野良猫「ニャーッ!」

老婆「間違いない、あれが所長室に違いないよ!」

男「突撃ィィィィィ!!!」

47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:53:00.242 ID:C63OWLu+0.net
バァンッ!!!





男「――お、お前はッ!?」

48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:56:19.967 ID:C63OWLu+0.net
メス猫「ミャア……」


男「猫が……所長!?」

老婆「どういうことだい!?」

野良猫「ニャーッ!」


メス猫「ミャーッ!」



男(そんな……!)

男(闇の保健所の所長は、野良猫の恋猫だったなんて……!)

男(こんな残酷な出会いがあるだろうか!? ……いや、ない!)

49:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 01:59:11.513 ID:C63OWLu+0.net
男「なぜだ!? なぜ闇の保健所を作った!? なぜ罪なき動物たちを捕える!?」

メス猫「ミャミャミャッ! ミャーッ! ミャミャッ!」

男「ふむふむ……」

メス猫「ミャーン! ミャミャミャ! ミャーゴ! ミャァァァァ!」

男「なるほどね」

メス猫「ミャアン! ミャオミャオ! ミャミャーミャー!」

男「そういうことか……」





※男は野良猫と餌の取り合いをしたので、ネコ語が分かるのだ!

50:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:00:04.704 ID:uez4DCjPr.net
どういうことだ…

52:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:02:21.656 ID:C63OWLu+0.net
男「たしかに君の主張は正論すぎる……君に反論できる人間はいないだろう」

男「だが、それでも! 俺は君を止めねばならないッ!」

男「ゆくぞ、メス猫!」ギュンッ

メス猫「ミャーッ!」ギュンッ





ザシュッ!!!

53:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:03:17.029 ID:qyXFZ+N90.net
通訳はよ

54:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:05:08.352 ID:C63OWLu+0.net
メス猫「ミャア……!」ドサッ…

男「ふぅ……紙一重の勝負だった……」



野良猫「ニャーン!」

メス猫「ミャア……」

野良猫「ニャーニャーニャー!」

メス猫「ミャア……ミャーン……」

55:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:08:38.993 ID:C63OWLu+0.net
野良猫「ニャーニャー! ニャニャニャニャン! ニャーンッ! ニャーッ!」

メス猫「ミャーミャ、ミャンミャン! ミャミャミャーミャッ!」

野良猫「ニャンニャン」

メス猫「ミャア……」


老婆「どうやら所長は改心したようだねえ」

男「うん……これにて一件落着!」





こうして、闇の保健所は封鎖され、捕らわれていた動物たちは解放された。

56:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:09:12.772 ID:Biy+N+4+0.net
通訳しろw

58:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:11:35.642 ID:C63OWLu+0.net
老婆「さて、どうすんだい? これからも無職でい続けるのかい?」

男「いや……もう無職は飽きちまった」

男「これからは、そうだな……せっかくネコ語を操れるようになったし」

男「猫カフェでも開こうかな!」

野良猫「ニャーッ!」

メス猫「ミャーッ!」

男「お前たちも協力してくれるか、ありがとよ!」

61:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:15:34.404 ID:C63OWLu+0.net
――猫カフェ――



客A「おい! このコーヒー猫の毛が入ってるぞ!」

男「猫カフェなんだから当然だろが!」

客A「あ、そっか!」


野良猫「ニャーン」ゴロゴロ…

メス猫「ミャーン」ゴロゴロ…

客B「か、可愛い……」


老婆「メイドの格好してみたよ」ヒラヒラ

客C「し、死にたい……」

62:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:18:33.301 ID:C63OWLu+0.net
老婆「ひっひっひ、今日も大繁盛だったねえ」

男「ああ」

男(猫二匹の可愛さと、メイドババアの怖い物見たさで、客がどんどん来るようになった)

老婆「じゃあ、二人と二匹でメシとしようかい」

男「おう!」

男「やっぱり働いて食うメシはうまいぜ!」







― 完 ―

63:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:18:56.001 ID:b5q05TiG0.net
全俺が泣いた

64:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:26:06.141 ID:NV/0GkR1r.net

男の就活SSだったというわけか

60:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:13:12.750 ID:gsSyay210.net
イイハナシカナー?

66:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:28:24.085 ID:AUSrHO8X0.net
お、おう……?

67:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/07/13(木) 02:32:22.547 ID:+bg0BreYM.net
感動した!



引用元:男「野良猫に餌やってんじゃねえよ、ババア!」老婆「うるさいねえ……」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1499874306