1: ◆dy5OJynnfTQj 2017/08/17(木)08:40:50 ID:BBu
no title
 猫の腸内に生息する細菌群を解析したところ、優勢な「善玉菌」が人や犬とは違うことが分かった。
 東京大と日本獣医生命科学大(東京都武蔵野市)、日清ペットフード(東京都千代田区)の研究チームが16日付の米科学誌プロスワンに発表した。
 人や犬より肉食性が強いためとみられる。
 善玉菌は食物の消化や腸の免疫機能を助け、健康の維持に重要な役割を果たしている。
 人の善玉菌はビフィズス菌、犬は乳酸菌の仲間の乳酸桿(かん)菌が多いが、猫は乳酸菌の仲間でも腸球菌(エンテロコッカス属の細菌)が多いことが判明した。

(省略)

 猫が高齢になると腸球菌が減り、人と同じように悪玉菌を含むクロストリジウム属の細菌が増えることも分かった。
 クロストリジウム属には食中毒の原因となるウェルシュ菌などが含まれる。

(省略)

 今回の研究成果は将来、高齢猫向けのペットフード開発につながる可能性があるという。

全文はこちら
時事ドットコム(2017/08/17-03:01)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081700216&g=soc

2: ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw 2017/08/17(木)09:15:28 ID:y0K
高齢猫向けのペットフード

すごい時代だな

7: 名無しさん@おーぷん 2017/08/19(土)00:55:10 ID:Gip
>>2
昔からあるで



引用元:【動物】猫の善玉菌、人や犬と違う=高齢化で減少-東大など[H29/8/17]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502926850/

※1回目の投票結果はコチラ