599:可愛い奥様2018/05/17(木) 13:47:49.46 ID:xvB32NP30.net
伯父の納骨のとき片目の猫が表れて墓まで案内してくれて
納骨を見守り、その後も一緒に読経をきいて、
終わった時にはいなくなってたの。
あれは伯父だたとおもうわ。

602:可愛い奥様2018/05/17(木) 15:49:25.11 ID:dL66vVry0.net
>>599
伯父さん片目だったの?

603:可愛い奥様2018/05/17(木) 18:20:17.14 ID:xvB32NP30.net
>>602
私は知らなかったのだけど、その後の精進落としの席で
白内障で片目失明してたと話題になった。

大きな公園墓地で墓が何千とあるから私なんかじゃ道わからないのよ。
(もちろん坊さんや叔父さんたちは知ってるんだけど)
それで猫さんに姿を借りて先頭あるいて道案内してくれたんだと思う。
何処からともなく表れてぞろぞろ歩く私らの2メートル先を歩き
入り組んだ道を次々間違いなく曲がって墓の前で立ち止まった。

歩いているときから「この猫ただモノじゃない」「伯父さんじゃないの」とヒソヒソしてたの。
読経が始まると後ろに回ってゆったり香箱組んで目を閉じてお経を聞いてた。
私はかなり注意して時々猫を振り返ってみていたんだけど、いなくなったのはわからなかった。

606:可愛い奥様2018/05/17(木) 19:06:55.93 ID:ZgM9NIZs0.net
>>603
香箱組んでってなんだろう?と思って
検索したら猫が座る姿のことなのね。
ひとつ賢くなったわ。

604:可愛い奥様2018/05/17(木) 18:26:49.25 ID:xvB32NP30.net
伯父さんは、お寺で読経してるときは蜂になってやってきてた。
どっかに止まってじ~~とお経を聞いてたよ。
その後外にでると猫になってやってきたのよ。

662:可愛い奥様2018/05/22(火) 01:56:08.62 ID:BP6lj3gA0.net
故人が、蝶や蛍の姿を借りて現世を漂うのか。
それ猫もあり?
だいぶ前のことだけど、初夏にうちの父が急死して、通夜だ初七日だと
実家=田舎の一軒家は昼も夜も、縁側も玄関も開けっ放しでバタバタしていた。
しかしそのどさくさの最中も、一段落ついてたまさか弔問客が来る程度になっても
隙あらば仏前のフカフカ座布団に、どこからともなく猫が上がり込んで香箱組んでいた。
シフトでもあるんかというくらい、柄違いサイズ違いの猫が入れ替わりたちかわり。
しかしコアメンバーが1匹いた。巨大ミケ。
父の仮の姿というには、ミケは基本女子。あれは一体・・・

667:可愛い奥様2018/05/22(火) 12:30:21.42 ID:qPPxysMm0.net
>>662
少し上に片目の猫になってやってきた話があるわよ。

猫も霊的な生き物だから虫より体は大きいけど乗りやすいのかもね。



引用元:ちょっとした不思議な話や霊感の話 その108
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1522469591

※1回目の投票結果はコチラ