150: 冠猫 2018/10/06(土) 12:58:24 ID:R01aQY3o0
 ⋀♕⋀ 道端の子猫と、優しい飼い主さんの運命の出会い。
(₌◕⋏◕₌) 甘えん坊のベイビー・タイガーちゃん。

1ヶ月前、マレーシアに住むジエヤンさんが、お昼を食べに出かけた時、
道端に何かがいることに気づきました。近付いて見ると、それは脚に怪我をした子猫で、
ほとんど動くこともなく、助けを求めて鳴くことすらできないほど、弱っていました。
たくさんの人々が子猫のそばを通り過ぎていきました。母猫の姿はどこにもありません。
980x

このままひとりぼっちでは、この子猫は生き延びられないことがわかっていたジエヤンさんは、
子猫を拾い上げると、命を救うために急ぎました。
「子猫は体重260gで、生後3週くらいでした。そして、彼女の膝は脱臼していました。」
980x (1)

ジエヤンさんは、子猫のお世話の仕方について、まったく知りませんでした。
みなしごの赤ちゃん猫を育てる方法を急いで調べると、24時間体制でミルクをあげ始めました。
「私は、子猫を育てたことがなかったので、どうしたらいいか、わかりませんでした。
YouTubeの"キトゥン・レディ"は、救世主でした。」
980x (2)

最初の2日間、子猫はとてもおびえていて、ミルクを拒否したので、とても大変でした。
ジエヤンさんは、子猫のそばにいて、子猫が寂しくないように、
快適であるように、気を配りました。
980x (3)

ゆっくりと、子猫はジエヤンさんになついてきました。ナデナデすることを許し、
元気になってきました。いつの間にか、ミルクをごくごく飲むようになり、初めて
喉をゴロゴロ鳴らしさえしました。
980x (4)

ジエヤンさんは、子猫に「ベイビー・タイガー」と名付けました。
タイガーは、もうおびえてはいませんでした。すぐにジェヤンさんのことが好きになりました。
980x (5)

1週間後、タイガーの脚の怪我した辺りに、大きなしこりができました。
「幸い、手遅れにならないうちに、獣医さんに連れて行くことができました。」
獣医さんの治療とお薬で、タイガーは良くなってきました。次の1週間半で、
タイガーは脚を前より動かせるようになりました。
980x (6)

元気と運動能力が完全に回復すると、タイガーは遊ぶのをやめられませんでした。
「タイガーは遊び好きで、好奇心旺盛で、甘えん坊になってきました。」

動画
https://youtu.be/yvZqoL_Ip4Y


「大きなまん丸い目で、たくさんゴロゴロ言っては、いつでもかまって欲しがります。
毎晩、抱っこして寝かしつけなければならないの。」
980x (7)

タイガーは今、生後7週になりました。
彼女は幸せで、健康で、おてんばな子猫として花開きました。
彼女の脚は完全に治り、ほかの猫と同じように、走ったりジャンプしたりできます。
「彼女は、とってもすばやく家の中を走り回れるの。
私たちは、みんな、彼女を誇りに思ってるし、彼女にメロメロなの。」
980x (8)

ジェヤンさんは、まさか道端から子猫を救うことになるとは、そしてその小さな
生き物にすっかり心を奪われることになるとは、まったく予想もしていませんでした。
ベイビー・タイガーは、長い道のりを歩んできました。彼女は今では、どこへ行くにも、
ひとりぼっちではなく、ジェヤンさんが一緒にいるかを確かめるのです。

出典:【Love Meow】Woman Saved Kitten Lying on Street Alone, While Others Just Passed Her By
https://www.lovemeow.com/kitten-street-saved-by-woman-2608873628.html




引用元:冠猫が拾った動画や海外記事を投稿するスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1523616728/

※1回目の投票結果はコチラ