250: 冠猫 2019/01/11(金) 09:43:34 ID:3i1.hH.Y0
 ⋀♕⋀ ハンナ・ショウによる
(₌◕⋏◕₌) 「日本の猫島レポート」。

※決して楽しいお話ではありません。でも、普段テレビなどで「猫島」の様子を
 見ていて、私も同じように感じていたことなので、あえて訳に挑戦しました。
 有名な猫保護活動家であるハンナ・ショウさんが、福岡県の猫島として知られる
 相島を訪問した際に感じたことをまとめたレポートです。
 訳すのが難しくて、とても読みにくい文章になってしまいました。英語ができる
 方は、元のページを読むか、動画を見てもらえたら、わかりやすいと思います。
 不快に思う方もいるだろう内容であることを、もう一度お断りしておきます。
                              冠猫


   *   *   *   *   *

もしあなたが猫好きだったら、フレンドリーな猫たちでいっぱいの小さな島は、
すばらしすぎて、とても実在するとは思えないだろう。
数年前、メディアは日本の「猫島」に関する情報を広め始め、その話は、旅行者や
猫好きたちの心を野火のようにとらえたのだった。
catisland-main

一般的に、SNSでは、猫島は夢の旅行先という理想郷的な言葉で表現される。
フルタイムの猫保護活動家であり、猫の代弁者として、私には、これに関して思うところがあった。
しかし、私とパートナーは、この秋、福岡の猫島である相島を、虚心坦懐な気持ちで
訪問することにした。(元記事は2018年のもの)
日本には、1ダースかそれ以上の「猫島」が存在する。それらのすべてが、ごく
少数の住民と、多くの野良猫が居住している、へんぴな漁村である。それらは多少
異なってはいても、すべてが同じ問題に直面している。
島に住む猫たちは、去勢・避妊処置を受けておらず、猫の数は常に増加しているのである。
加えて、これらの島は、海外からの旅行客にとって、ますます人気の観光地になって
いる。このことは、住民と猫の両方にとって、課題となりつつある。
我々は、猫たちの写真を撮ったり、猫島という現象について、より詳しく知りたいと
願いながら、新宮港から、フェリーに乗り込んだ。ほかの3ダースほどの乗客たちは、
釣り客と旅行客がほぼ半々で混在していた。
今年始め、相島の港は、小舟から、多くの猫愛好家を収容できる、大きなフェリーに
アップグレードしていた。

catisland6-x-620-403x

我々は、島に到着するとすぐに、ドックで数匹の猫からの出迎えを受けた。
ある旅行客は、興奮して歓声を上げながら自撮りを始めた。
私はそれぞれの猫を調べ、状況を把握するために、地面に膝をついた。
すぐに、恐れていたことを確認した。これらの猫たちは、獣医によるケアをまったく
受けておらず、自由に繁殖していた。
ざっと1/3が若い子猫であり、彼らは猫風邪に苦しんでいたが、まったく治療されて
いなかった。風邪のために目と鼻がふさがった子猫たちは、舗装道路の温かさを求めて、
島で唯一の大通りに集まっていた。そのうちの多くは息をするのもつらそうだった。
成猫は、避妊されていないものの、概ね健康そうに見えた。彼らは、浜辺で騒々しく
交尾していて、妊娠したメス猫は食べ物を求めて人々に近づいて来ていた。
最も脆弱である幼い猫たちの死亡率は高いにも関わらず、成猫たちが暮らしていくに
十分な食料があるために、若い猫たちの数は増加しているように見えた。
私が座って子猫たちの顔を拭いてやるのを見ていた観光客たちは、笑いながら写真を
撮影していた。
catisland3-x-620-403x

興味深いことに、私は、相島の猫たちの多くが、非常に短く太い尻尾を持っている
ことに気がついた。ボブテイルは、日本の野良猫の一部に現れる、劣性遺伝による
形質であり、島に定住している猫たちには、遺伝的多様性が欠けているために、
群れ全体にこの形質が発現しているようだった。
猫たちは確かに美しく、興味深い個性を持っていて、観光客には幸せなように見える。
しかし、すべてのことが私の不安をかきたてた。

(続く)

251: 冠猫 2019/01/11(金) 09:48:56 ID:3i1.hH.Y0
(続き)

相島の地元の住人は、決して観光地としての開発を、自ら進んで試みたわけでは
なかった。したがって、地域の猫たちに、医療を受けさせたり、避妊したりする
ための投資に関しての切迫感がない。
地元の人が私に話してくれた彼らの考え方は、自然に任せておけば、病気や飢え、
子猫の死によって、猫の数が減少するので、介入しないことが一番いいというもの
であった。
地域は、不介入を選択したため、観光客に対しても、猫たちに、医療行為や餌やりを
行わないよう求めている。
しかし、観光客が増加すれば、必然的に与えられる食料は増え、より多くの猫が、
彼らを支えるシステムもないままに生まれてくる。
catisland4-x-620-403x

新しいツールと、島の娯楽的価値が、目の前の動物福祉の問題を曖昧なものにして
いるようだ。スマホとSNSの世界では、画像から悲しい部分を削除して、理想郷の
ように見せることは簡単なことである。しかし、それは島の正確な描写と言える
だろうか。
それは非常に微妙な問題なのだ――住民の要求と、増大する観光客の関心と、猫たち
のニーズとのバランスを取らなくてはならない。
現在のところ、不介入という策が取られているが、実のところ、人間の影響がすでに
猫の数を増加させており、このことは、誰にとっても好ましいことではない。
猫は、人間と共生することで繁栄する動物である。我々は、彼らにどのような影響を
与えているかについて、心を配る義務がある。病気の子猫や、出産・早死・そして
更なる出産という絶えることのないサイクルは、誰のためにもならない。
catisland5-x-620-403x

日本の複数の猫保護活動グループは、すでにTNR活動を全国各都市で行っており、
人間にも猫にも同様に効果的な解決策を提示している。
これらの活動を通して、猫たちは去勢され、ワクチンを打たれ、必要に応じて医療を
受け、もとの住処に戻される。それぞれの猫たちは、継続的に数を増やすことなく、
より健康的な生活を送ることができるようになる。
「猫島」のうちのいくつかは、この活動に参加しているが、相島を含む大多数の
猫島は参加していない。
TNR活動は、猫島の観光産業が成長し続けていくならば、非常に重要なものとなるだろう。
好意的なメディアのおかげで興った猫島の観光産業は、まだ始まったばかりである。
人々が猫島に興味をもつことは、驚くべきことではない――ボブテイルの猫たちが
浜辺や岩場を住処にしたり、漁網で遊んだり、ドックで日光浴をしたりしているのは
すばらしい光景だ。
相島は、より大きなフェリーを購入することから、島で最初のカフェを始める計画まで、
すでに公共の利益を増大するための施策を始めている。。
私の最大の望みは、この施策が、獣医による医療や支援といった動物福祉にまで広がる
ことなのだ。
動物に関する安っぽい娯楽がネット上に溢れている時代においては、我々が読んだ話に
ついて、批判的に考えることを忘れてはならない。
これらの魅力的な島の猫たちを愛しながら、同時に彼らの福祉について考えること――
不幸な部分を切り取ることなしに、彼らの物語を語ることは可能なのだ。

動画《The Truth About Cat Island》
https://youtu.be/vshorblS32w



出典:【chewy】Visiting Japan’s Cat Island: An Animal Activist’s Perspective
https://www.chewy.com/petcentral/pet-parenting-pet-stories-visiting-japans-cat-islands/



■関連記事  ⇒ 【閲覧注意】 生後わずか数時間しか経っていない小さな子猫が保護された結果 → 
 ⇒ 【激萌警報】 あのちっちゃなロザリータちゃんが、こんなおしゃまさんになったよ!


引用元:冠猫が拾った動画や海外記事を投稿するスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1523616728/

※1回目の投票結果はコチラ