424: 冠猫 2019/07/05(金) 12:58:14 ID:zQyrORy60
 ⋀♕⋀ 【長編】飢え、おびえ、怪我をしていた野良猫を
(₌◕⋏◕₌) 救うために奔走した、2つの国の女性のお話。

ある日、ジェニファーさんは、インスタグラムで、ドバイにいるレオという名前の
FIVキャリアの猫について知りました。レオは、本当のお家を必要としていました。
ジェニファーさんはすぐに、彼を家族にしたいと思いました。
Leo-002

「私はその投稿に、ただこうコメントを書き込みました。『私が彼を引き取ります。
家族になりましょう。』そして、そのとおりにしました。」
ジェニファーさんは、すでにミスター・キャットという名前の、FIVキャリアの猫を
飼っていました。ミスター・キャットは、ジェニファーさんが、バンクーバーの路上で
暮らしているところを保護した猫でした。それで、ジェニファーさんは、自分が、
レオが必要としているお世話をしてあげられる自信があったのです。
MrCat-01

「私は、ミスター・キャットを捕獲する前に、何ヶ月をご飯を上げました。彼は、
野良猫で、FIVキャリアで、ひどい姿をしていました。私は、彼を飼いならし、彼は
今とてもステキな猫になったの。もう一度、それと同じこと、困っている猫を助けて、
猫らしく暮らせるようにすることができるんだって、わかっていたわ。」
Leo-003

ミスター・キャットと同じように、レオは元野良猫で、ドバイの、とある優しく
思いやりのある女性によって、路上から保護されたのでした。
アスマ・アメールさんが、家のない猫たちのお世話を始めた時、ドバイの市場で
働いていました。
「2018年5月、私は、いつものように、夕飯の休憩時間に、猫たちにご飯をあげに
行きました。レオと出会ったのはその時です。」
そのトラ猫はライオンに似ていたので、アスマさんは彼にレオと名付けました。しかし、
彼は、獰猛でも凶暴でもありませんでした。彼は、顔に怪我をしていて、明らかに
誰かの助けを必要としていました。
Feral-Leo

アスマさんは、レオが本当に野良猫か、それとも単に近所の家から市場にさまよって
来ただけか、わかりませんでしたので、彼女は、レオの動画を撮り、SNSで友人たちに
聞いてみることにしました。
「私は、仕事に戻らなければならなかったので、レオを連れて行くことはできません
でした。レオは、とてもおびえていて、すべてのものを警戒していました。レオの
おびえて空腹な様子が、私の心を引き裂きました。それで、立ち去る時、泣きながら、
必ず戻って来るからねって彼に約束しました。」
https://www.instagram.com/p/Bn1BiDFnoDs/

その夜、アスマさんはレオの動画をFacebookに投稿しました。すると、人々は、そんな
恐ろしい猫には近づいてはいけないというコメントで、彼女を責め立てました。
中には、レオは何かの交雑種なので、動物園に入れるべきだと信じ切っている動物団体
までいました。幸いなことに、経験豊富な保護活動家が、レオはイエネコであると主張
してくれ、彼女に手を貸してくれることになりました。
翌日、アスマさんは市場に戻り、昨日別れた場所で、レオを見つけました。
「その時、私は、レオが戻って来ると言った私の言葉を信じて、待っていてくれたことに
心を打たれました。」
アスマさんが仕事をしている間に、保護活動家の人が、レオを病院に連れて行ってくれ
ました。
Leo-004

(続く)

425: 冠猫 2019/07/05(金) 13:04:16 ID:zQyrORy60
(続き)

病院から戻って来ると、保護活動家の男性は、レオを路上に戻すように言いました。
検査の結果、レオは、FIVキャリアだとわかったからです。
「彼は、レオは長くても2日で死んでしまうだろうから、レオに治療費を使うよりは、
路上に戻して、自然に死ぬに任せたほうがいいと言いました。」
しかし、アスマさんは、それを拒否し、自分自身のお金でレオを救おうと決心しました。
多くの人の考えに反して、FIVキャリアの猫の多くは、栄養のあるご飯を食べ、予防的
医療を受けることで、幸せで健康に生きることができるのです。
Leo-005

レオは、病院で、重い貧血と、脱水と、顔中を覆っていた傷を治療してもらいました。
しかし、病院のスタッフさんは、レオを攻撃的だと勘違いして、検査や処置をする間、
レオに鎮静剤を投与しました。
Leo-006

1ヶ月の入院の後、レオはフライト・アテンダントに引き取られましたが、彼女は10日間
留守にし、その間、レオのお世話を頼まれた友人は、トイレの掃除をしたくないからと、
レオのお世話をほとんどしませんでした。レオは、ひとりぼっちで10日間過ごさなければ
なりませんでした。
結局、フライト・アテンダントは、レオのお世話をする時間がないからと言って、たった
3ヶ月でレオをアスマさんに返しました。
「私はもう、病院のケージで悲しんでいるレオを見たくなかったので、自宅に引き取る
ことにしました。」
Leo-007

おびえきったレオは、ベッドの下に隠れ、出て来ようとしませんでした。しかし、アスマ
さんは、あきらめませんでした。ありがたいことに、彼女の粘りは、最終的に報われました。
「私は、彼のそばにマットレスを敷いて寝ました。すると、彼は私の足元に来て寝るように
なりました。その時、私は、レオはもう一度人間を信じることができると確信しました。
ただ、彼には時間と愛情が必要なのだと。」
Leo-008

アスマさんは、レオが良いペットになれると思った一方で、UAEでは、レオの本当のお家を
見つけるのは難しいとも思いました。
「毛足が長くモフモフした品種が人気で、病気を持った猫を怖がるUAEでは、レオにお家を
見つけてあげることはできませんでした。」
そこで、アスマさんは、自身もFIVキャリアの元野良猫を飼っている、ジェンナさんの力を
借りて、ジェニファーさんと連絡を取りました。
そして、2018年11月19日、レオは、新しい家族に会うために、飛行機に乗り込み、シアトルへ
向かって飛び立ったのでした。
Leo-009

バンクーバーのジェニファーさんの家に着いた後、レオが、新しい家になれるのには、かなりの
時間を要しました。実際、最初の4ヶ月は、彼は寝室に隠れていて、ジェニファーさんが近づく
たびに、シャーシャー言いました。FIVのため、免疫が弱っているレオは、この間も、口内炎や、
ドバイで受けた歯の治療の痛みに、常に悩まされていました。
https://www.instagram.com/p/BrrmMKXAM0w/
この投稿をInstagramで見る

I’m not crying your crying! ❤️❤️🦁Everyone, Leo is thriving. The surgery was an EPIC success. Since the night we brought him home from the dentist, Leo has been a very different cat. He is engaged, he is curious, he is frisky! We can hear him in his room playing with all the squeaky toys. At night while we sleep (we’ve started taking turns sleeping in the room with him) he PLAYS. He is finally, pain free, or at least as close to it as he has probably ever been. We can only assume he has been suffering from stomatitis for a long time. He is still very weary of us, and will only play if we are asleep or not around, but every interaction is positive and he is learning. I introduced a peacock feather today and he was instantly curious. We have now been playing with it for about 30 minutes. His cuteness level is too much to handle. My heart is melting for him, he is finding learning what it means to be a cat who is loved, and safe, and living without pain. I utterly adore him. ❤️Thank you all the messages of concern! Can you believe it 🦁‼️

Mr Cat, Miss Kitty & Leoさん(@mr.cat_and_leo.the.brave)がシェアした投稿 -


「ドバイで受けた治療は、雑な仕事で、レオに大きな痛みを残しました。私は、急いで彼を
専門家のもとに連れていき、彼の口をキレイにしてもらいました。彼の痛みは耐え難いもの
だったに違いありません。」

(続く)

426: 冠猫 2019/07/05(金) 13:06:52 ID:zQyrORy60
(続き)

レオは、もはや不快から解放され、自身の殻から出始めました。そして、階下を探検し、
家族と鳴き声でコミュニケーションすることを学び、ついに、玩具で遊ぶようになりました。
https://www.instagram.com/p/Bus2xItnB9G/

レオと同じような経緯をたどって来たミスター・キャットのおかげで、ジェニファーさんは、
元野良猫は、保護してくれた人や、飼い主と、普通よりも強い絆で結ばれると信じています。
まるで、彼らは誰が自分たちを守ってくれるかを知っているかのように。
Leo-010

「このような動物が持っている回復力、愛情、そして寛容性は、信じられないほどです。
彼らの知っているものが、飢えと、寒さと、痛みでしかない時、彼らが再び学び、信頼を
取り戻し、幸福と、穏やかさと、ゴロゴロと、抱っこを手に入れるのを見ることは、とても
価値があります。」
Leo-011

ジェニファーさんのもとに来て6ヶ月が経ち、レオはすばらしい進歩を遂げていますが、彼は
まだ、ジェニファーさんが触れることを許していません。しかし、ジェニファーさんはその日が
来ることを信じています。
ほかの飼い主なら気落ちするところですが、ジェニファーさんは、レオがどれだけ離れているか
ではなく、どれだけ近づいたかに焦点を当てることを選びました。
https://www.instagram.com/p/Bx3hwXPAL3R/

「野良猫たちは、忍耐と、時間、尊重と愛情を必要としています。」
レオの未来に何があろうと、2人の特別な女性、アスマさんとジェニファーさんのおかげで、
彼の前途は、はるかに良いものになりました。彼女たちは、時に誤解されたり見落とされたり
する動物たちの命を救うために、できることは何でもする決意です。
Leo-012

レオは今、苦労の末に手に入れた、快適で、ご飯の後でおかわりをねだって鳴いたり、コロン
コロンしてジェニファーさんにお腹を見せたり、家中ジェニファーさんの後を追いかけたり、
彼を愛し、尊重し、そのすばらしさをわかってくれる人間と共に暮らすことを楽しんでいます。
Leo-013

「レオは、私の家族の一員です。私は彼を愛しています。彼がそうありたいと思う猫になれる
よう、できる限りのことをしてあげます。彼は、毎日私を刺激してくれます。」

動画
《Meet Leo, A Handsome FIV Cat Who Flew From Dubai To Canada To Find His Forever Home!》
       by:Meow As Fluff
https://youtu.be/OLl8emNkw1w



インスタグラム(Mr Cat, Miss Kitty & Leo)
https://www.instagram.com/mr.cat_and_leo.the.brave/


出典:【Meow As Fluff】Meet The Handsome Cat With FIV Who Found An Amazing Forever Home In Canada After He Was Rescued From The Streets Of Dubai!
https://meow.af/meet-the-handsome-cat-with-fiv-who-found-an-amazing-forever-home-in-canada-after-he-was-rescued-from-the-streets-of-dubai/




引用元:冠猫が拾った動画や海外記事を投稿するスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1523616728/

※1回目の投票結果はコチラ