464: 冠猫 2019/08/14(水) 12:33:33 ID:lr0K6KV60
 ⋀♕⋀ 雨に濡れて鳴いていたひとりぼっちの子猫を
(₌◕⋏◕₌) 受け入れてくれた、優しいサラフィナ・ママ。

8月初め、フロリダ州の建設現場で、作業員さんたちが子猫の鳴き声を聞きました。
調べてみると、雨でずぶ濡れの茶トラの子猫が、絶え間なく泣き叫んでいました。
あたりには母猫の姿はなく、子猫にはミルクを与えてくれる人が必要でした。
サラフィナ-01

作業員さんたちは、子猫を箱に入れると、地元の保護活動家に助けを求めました。
ボランティアをしているマーニーさんは、子猫のことを知って、ちゅうちょすることなく、
子猫を受け入れることにしました。
サラフィナ-02

「アニマル・フレンズ・プロジェクト」のカルメンさんが、子猫を搬送してくれることになりました。
小さな子猫は、痩せていて、少し冷えていて、栄養不足でしたが、それ以外は健康上
何も問題はありませんでした。
サラフィナ-03

「彼はとてもお腹が空いていました。作業員さんは、子猫は鳴いていたけれど、自分たちは
子猫にあげられるものを何も持っていなかったと話していました。」
目が開きかけていたので、子猫は生後2~3週だと推定できました。
サラフィナ-04

マーニーさんは、最近、子猫を育てる安全な場所を必要としていた野良の母猫を、保護したばかりでした。
ひとりぼっちの子猫には母猫が必要だったので、マーニーさんは、サラフィナという名前の母猫に、
子猫を受け入れてもらえないかと考えました。
子猫は、マーニーさんの家に向かう間、ずっと鳴き叫んでいました。

《Kitten rescued from construction site》
https://youtu.be/Tdq_XuOKYGs


マーニーさんは、カルメンさんから子猫を受け取ると、子猫をサラフィナのもとに連れていきました。
子猫の鳴き声は、すぐにサラフィナ・ママの注意を引きました。
サラフィナ-05

「サラフィナは、私が彼女の赤ちゃんを盗んだと思ったみたいです。私に猫パンチをして
子猫を返せと言いました。彼女はすぐに、母乳をあげながら、子猫をキレイにし始めました。」
子猫はやっと落ち着いて、ゴロゴロ言いながら、ミルクを飲み始めました。
サラフィナ-06

子猫は新しい家族に完全になじみ、サラフィナ・ママが彼の頭のてっぺんからつま先まで
せっせとキレイにしている間、兄姉たちと並んで、丸くなってゴロゴロ言っていました。
たった1日で、子猫は体重を増やし、丈夫になりました。彼のお腹はぽんぽこりんになり、
毛皮はつやつやもふもふになりました。
「やって来た最初の日から、大きな変化がありました。子猫は母猫と一緒で幸せで、
間違いなく元気いっぱいです。」
サラフィナ-07

「彼は元気です。サラフィナ・ママは彼の面倒をよく見ています。」
小さな赤ちゃんは、新しい家族のもとで、嵐のようにゴロゴロ言い、幸せと愛情を感じています。
子猫たちが十分に大きくなったら、「ペギー・アダムス・アニマル・レスキュー・リーグ」を通じて、
本当のお家探しを始める予定です。


出典:【Love Meow】Kitten Rescued Alone on Rainy Day, Can't Stop Purring When He Finds a Family He Needed
https://www.lovemeow.com/kitten-rescue-rain-purring-family-2639748307.html



引用元:冠猫が拾った動画や海外記事を投稿するスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1523616728/

※1回目の投票結果はコチラ