517: 冠猫 2019/10/02(水) 13:02:21 ID:v/XSF/YM0
 ⋀♕⋀ もちもちほっぺの巨大な茶トラは好きですか?
(₌◕⋏◕₌) 優しい飼い主さんと運命の出会いをしたブルースさん。

ミネソタ州の「アニマル・ヒューマン・ソサエティ」に、6歳の茶トラ猫が連れて来られました。
彼は、それまでの生涯を路上で暮らしてきました。
彼は、ケンカによる傷に覆われていて、歯は欠け、目にも傷があり、FIV陽性でした。
img-1

それにも関わらず、彼は抱っこされるとすぐにとろけて、ゴロゴロ言いました。
施設では、彼にブルース・ウィリスと名付け、彼にふさわしい愛情に満ちた本当のお家探しを
始めました。誰かがブルースに会いに施設を訪れると、彼はいつだって喉をゴロゴロ言わせて、
家族になってくれることを願っていました。
施設は、彼の紹介文に
「ブルースはとても可愛くて甘えん坊さんです。彼はきっとあなたの毎日を明るくしてくれるでしょう。」
と書きました。
img-2

8月8日、「世界猫の日」に、サンドラさんは施設のFacebookでブルースのことを知り、彼に夢中になりました。
「彼の写真を見た時、彼は私の心に話しかけてきたんです。」
そこで、サンドラさんは、ブルースを「ただ会うために」訪ねることにしました。
彼女の大家さんがペットを飼うことを禁止していたからです。
サンドラさんがブルースに近づいていくと、愛らしい茶トラ猫は、悲しげな目で彼女を見上げました。
img-3

その日、サンドラさんは、家に帰ってから、とても悲しくなりました。
彼女は、誰かステキな家族が彼を引き取ってくれることを願いながら、毎日ネットで彼のことを
チェックせずにはいられませんでした。
ブルースが猫風邪で体調を崩した時は、サンドラさんはお見舞いに行きました。
img-4

1ヶ月経っても、ブルースは本当のお家を見つけられずにいました。
サンドラさんは、それは運命なのだと気づきました。
彼女は、猫を飼うことを許してくれるように、大家さんに掛け合いました。
「私は、大家さんにブルースの写真を見せました(この目に誰もNOって言えないでしょう)。
そして私は許可をもらいました!」
img-5

ブルースの夢は現実になりました。
彼は、すぐに新しい住まいの床に横たわってゴロゴロ言い始めました。
まるで、ここが家だと知っているかのように手足を伸ばして。
「彼は、一晩中ゴロゴロ言っていました。その日から、彼は私の行く所どこへでもついて来るのです。」
img-6

数日経つと、ブルースは、すべての周りの新しいものごとに慣れ、もうご飯のために闘わなくても良いことに
気づきました。
今、彼には、愛し、守ってあげたい人がいます。これ以上ないほど幸せです。
「ある日、私がシャワーを浴びていると、ブルースが浴室にやって来て、私を見て、ニャーニャー泣き出しました。
まるで、私を水から救出してくれる人を呼んでいるみたいでした。」
img-7

サンドラさんがソファに座ると、ブルースは走って来てすぐに彼女に抱っこされます。
彼は、ゴロゴロ・エキスパートです。彼のモーターが発動すると、部屋中に響き渡ります。動物病院では、
あまりに大音量でゴロゴロ言うので、獣医さんが心音を聞き取れないほどでした。

動画
《Cat has dream come true after years on the streets》
https://youtu.be/FvaduL8_9aM


ブルースは、毎朝サンドラさんの隣で目を覚まし、夜は彼女の腕の中で丸くなってゴロゴロ言いながら眠ります。
数年間も路上をさまよった後で、ブルースは、いつも夢見ていた、快適で喜びに満ちた生活を送っています。

インスタグラム(Bruce Willis)
https://www.instagram.com/mrwillisthecat/


出典:【Love Meow】Woman Befriends Cat Who Lived Years on the Streets, and Comes Back for Him
https://www.lovemeow.com/cat-streets-befriends-woman-years-2640739092.html




引用元:冠猫が拾った動画や海外記事を投稿するスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1523616728/

※1回目の投票結果はコチラ