523: 冠猫 2019/10/09(水) 11:16:02 ID:vpWm.LzA0
 ⋀♕⋀ ひとりぼっちだったお目目くりくりの可愛い子猫に、
(₌◕⋏◕₌) 優しいママとワンコのお兄さんができたよ!

数週間前、カリフォルニア州に住むイェセニアさんは、家に帰る途中、
路上に落ちているTシャツのようなものを見かけました。
彼女は、車を停めてそれを調べてみることにしました。
突然、その物体がニャーと鳴いたので、イェセニアさんは、それが足を引きずっている
子猫だと気づきました。イェセニアさんが近づいても、子猫は逃げなかったので、
彼女は子猫を抱き上げて、毛布に包みました。
img (1)

子猫は、ノミだらけでした。お風呂に入れてもらって、ご飯をたくさん食べると、
子猫はやっと目を閉じて眠ることができました。
「私は、Facebookでアドバイスを求めました。今まで猫を飼ったことがないので、
猫のことが何もわからなかったのです。」
img (2)

猫は、治療とお家を必要としていました。
イェセニアさんは、もうすぐイースト・コーストに引っ越すことになっていたので、
早速子猫を引き取ってくれる人を探し始めました。
イェセニアさんは、子猫にあえて名前をつけませんでした。
手放すのがつらくなってはいけないと思ったからです。
img (3)

彼女は、地元の保護施設を訪ねました。しかし、そこは子猫を預かる余裕がありませんでした。
ほかに、彼女を助けてくれそうな人も見つかりませんでした。
イェセニアさんは、自分で子猫を飼おうと決意して、施設を後にしました。
img (4)

「私は子猫にとても愛情がわいてきていたので、彼女にもう安全だということを
わかって欲しいと思いました。
子猫を病院に連れていき、彼女が飛行機に乗るために必要な準備について尋ねました。」
イェセニアさんは、子猫にベラと名付け、正式に家族の一員として迎えました。
img (5)

ベラは、イェセニアさんの愛犬、バスターに紹介されました。
ベラは、バスターと友だちになりたくて、家中バスターについて歩き回り、
バスターが遊んでいるのを見ながら、時おり彼の尻尾に飛びつきました。
img (6)
img (6)

ベラは、家族とともに空港へ行き、ロードアイランド州の新しい家へ向かって、
生まれて初めての飛行機の旅に出発しました。
「ベラは、フライトの間中、とってもお利口でした。
自分は大丈夫だってわかっていたんだと思います。」
img (7)

路上で暮らしていた猫は、家猫としてうんと甘やかされる新しい生活を愛しています。
彼女はハッピーで、いたずらが大好きです。バスターは、ベラの気まぐれをすべて許し、
乱暴な遊び方をしても気にしません。
img (8)

「ベラはいつでもバスターの3フィート以内に潜んでいて、バスターがご飯を食べていると、
彼の尻尾に猫パンチしては逃げ、また戻って来ます。」
2匹の親友は、時にはイェセニアさんのお膝をシェアします。
img (9)

「最初の日、ベラは私たちが寝る前に、私たちのベッドによじ登って眠っていました。」
今、彼女には毎晩抱き合って眠る友だちがいます。生きるってすばらしい!

動画
《Rescued kitten befriends dog》
https://youtu.be/LUjOfoMfqzQ


インスタグラム(Yesenia Esquivel DelaCueva)
https://www.instagram.com/bella_loves_buster/


出典:【Love Meow】Kitten Found Alone on the Street, Meets Dog and Insists on Being His Friend
https://www.lovemeow.com/kitten-street-dog-best-friends-2640838586.html

※1回目の投票結果はコチラ