553: 冠猫 2019/11/20(水) 16:26:10 ID:.x9EDcb60
 ⋀♕⋀ ネリー女王と生意気ギルバートの
(₌◕⋏◕₌) お家に子猫のナラちゃんがやって来た!

デンマークに住む猫のギルバートは、その日もいつものように、飼い主さんとお散歩に出かけました。
すると、ヤブの中に小さな子猫がいるのを見つけたのです。
飼い主のミッセネルさんが、ヤブの中を覗いてみると、子猫は駆け出してほかの場所に隠れました。
img

ギルバートは、小さな子猫のことをもっと知りたいと思いました。
彼は子猫に近寄っていって、鼻ちゅー挨拶をしようとしました。
img (1)


「すると子猫は、ギルバートについて来ました。それは一目惚れでした。」
子猫は、ギルバートのことが大好きになりましたが、人間についてはまだ不安を感じていました。
img (2)

「彼女はとても恥ずかしがり屋さんでした。ぼくが近寄り過ぎると、走って逃げるか、
シャーシャー言いました。」
お風呂に入れてもらい、獣医さんの診察を受け、お腹いっぱいご飯を食べると、子猫は気分が良くなりました。
しばらくすると、子猫は、人間もそんなに悪くはないものだとわかり、抱っこを楽しむようになりました。
img (3)


ミッセネルさんは、子猫に本当のお家を見つけてあげようと考えていましたが、
ギルバートには別のプランがありました。
img (4)


ミッセネルさんは、子猫に静かなお部屋を与え、もう1匹の猫、ネリーに徐々に引き会わせました。
子猫は、すべての新しい匂いに対して、とても好奇心を示し、あちこちを探検し、そしてゴロゴロ喉を
鳴らしました。彼女が鳴き声をあげると、ギルバートが駆け寄って来ました。
img (5)


ネリーも、子猫の存在に慣れてきて、子猫に優しくするようになりました。
ギルバートは、常に、子猫が元気かどうかチェックしていました。
img (6)


数週間後、3匹は仲良くなり、特にギルバートは子猫に対して保護的でした。
ミッセネルさんは、彼らは引き離すことは出来ないと思いました。
子猫は、ナラという名前をつけてもらい、正式に家族の一員になりました。
「ギルバートはナラを守り、猫というものはどうあるべきかを教えるのが好きです。」
ナラは、長い道のりを歩いてきましたが、もう人間を恐れることはありません。
彼女の個性は輝いています。
img (7)


「彼女は世界一愛らしい生き物の一つです。彼女は甘えん坊で、遊び好きで、可愛らしいです。
彼女は抱っこが大好きで、たくさんサイレント・ニャーをします。」
ギルバートは、ナラが清潔かをいつも確かめ、毛づくろいをしてあげます。
img (8)


好きに選べるたくさんのおもちゃの山があるにも関わらず、ナラはお庭の葉っぱで遊ぶのを選びます。
「路上で暮らしていた時、彼女にとって遊ぶおもちゃと言えば葉っぱしかなかったからだと思います。」
img (9)


「ナラは食べ物が大好きで、いくら食べても足りないのです。ぼくたちに保護される前、彼女は、
生き残るために戦わなければなりませんでした。
だから、彼女は食べ物を独占したいのです。」
img (10)


美しいシマシマ子猫は、兄姉の大きさに追いつきつつあります。
ギルバートは、お兄さんとしてふるまい続け、ナラを導いています。
元野良猫だったナラは、VIP生活を愛し、ゴージャス猫として花開きつつあります。

動画
《Nala the cat - rescue journey》
https://youtu.be/p2BGZDDBqCk


インスタグラム(Nelly & Gilbert The Cats)
https://www.instagram.com/missenell/


出典:【Love Meow】Man Went for Walk with His Cat and Came Home with Kitten They Rescued
https://www.lovemeow.com/kitten-rescued-man-walks-cat-2641388224.html



引用元:冠猫が拾った動画や海外記事を投稿するスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1523616728/

※1回目の投票結果はコチラ