565: 冠猫 2019/11/30(土) 20:54:36 ID:LPLlf0yw0
 ⋀♕⋀ 子猫のお世話はおまかせ! 小さかったレイガーちゃんを
(₌◕⋏◕₌) 立派に育て上げた優しいワンコのグレースさん!

フロリダ州の「ジャクソンヴィル・ヒューマン・ソサイエティ」に、生後3週の小さな子猫が
やって来ました。
子猫は、週齢の割に体が小さく、立ち上がるだけの力もないし、目も目やにでふさがっていました。
img-1

施設の獣医技術者であるケイトリンさんは、レイガーと名付けた子猫を、生きるために必要な
特別なお世話をするために、家に連れ帰りました。
ケイトリンさんは、24時間体制でレイガーにチューブ給餌を続けました。
img-2

レイガーの目がキレイになる頃、彼は鳴き声を上げることを覚え、何かして欲しい時には
鳴くようになりました。
ケイトリンさんは、レイガーの求めに応えるために、いつもそばにいました。
img-3

レイガーは生まれつき胃に欠陥があり、食べた物をうまく消化できませんでした。
十分に大きくなったら、彼は手術を受けることになりました。
ケイトリンさんは、レイガーの気分が良くなるように、彼を愛犬のグレースに紹介しました。
2匹はあっという間に仲良くなりました。レイガーは寄り添える暖かな友だちができて、
とても幸せになり、グレースから母乳をもらおうとさえしました。
img-4

グレースは子猫を受け入れ、ペロペロしたり抱き寄せたりして、愛情を注ぎました。
レイガーは家中グレースを追いかけ、ゴロゴロ言いながら彼女のお腹に鼻を擦り付けました。
「レイガーはグレースがどこにいようと見つけて、そばに横たわり、夜も同じベッドで眠ります。」
img-5

グレースは、レイガーがほかの部屋に探検に行っている時も目を離さず、常に見守ります。
レイガーが一声鳴けば、彼女はすぐに駆け寄ります。
彼女はレイガーにご飯の食べ方や遊び方を教えました。
レイガーは家中でひとしきりイタズラをし終えると、グレース・ママのそばで丸くなって眠ります。
img-6

レイガーは、無事に消化器官の手術を受けることができ、回復して元気に遊ぶことができるように
なりました。
「グレースは、"共犯者"がいることをとても喜びました。」
img-7

「レイガーの赤ちゃん時代を決して忘れません。彼はとても具合が悪くて、体重は健康な赤ちゃんの
1/3しかありませんでした。彼は病気に打ち勝ちました。」
img-8

「グレースと出会って、レイガーは本当に遊び好きな楽しい子猫に変身しました。
彼は花開き、初めて会った時よりも、ずっと強く、自信があり、可愛くてエネルギッシュです。」
レイガーは、本当のお家を見つける用意ができました。グレースは彼のお世話を続け、
レイガーが必要としている時は、いつでもそばにいます。

動画
https://www.instagram.com/p/B448UlrJr9b/

インスタグラム(Foster Rinse Repeat)
https://www.instagram.com/foster.rinse.repeat/


出典:【Love Meow】Kitten Rescued from Streets, Perks Up When He Finds Dog to Cuddle
https://www.lovemeow.com/kitten-rescued-streets-dog-cuddles-2641437649.html



引用元:冠猫が拾った動画や海外記事を投稿するスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1523616728/

※1回目の投票結果はコチラ