613: 冠猫 2020/01/19(日) 14:22:13 ID:g92wiNUU0
 ⋀♕⋀ ねじれた脚のレディさん、お友だちができて
(₌◕⋏◕₌) 幸せいっぱいだね!

保護団体「アラスカ・キャット・アダプション・チーム」に、ねじれた脚をした生後9週の
子猫がやって来ました。保護団体は、障がいを持つ動物のお世話をする
プログラムを持つ団体に助けを求めました。
img-01

「アラスカズ・KAAATs」のシャノンさんは、さっそく動物病院に診察の予約をしました。
レディと名付けられた子猫が、痛みを感じず、良い生活を送れるようにしてあげたかったからです。
img-02

「幸い、獣医さんは私たちの考えや仕事を理解してくれていました。
レディは、私たちが思っていたよりも良い生活を送れそうでした。この愛らしい小さな毛玉ちゃんは
、勇気と、カリスマ性と、個性と、忍耐力をどっさり持っています。」
img-03

レントゲンによって、脚のねじれの原因は。脊椎に負った怪我であることがわかりました。
しかし、子猫は何物にもひるむことはありません。走り、上り、決められたエリアを専用の
トイレとして使うことさえできます。
「レディは、その元気と、快活さと、愛らしさで、動物病院のみんなの心をつかんで
しまいました。」
img-04

病院から「アラスカズ・KAAATs」に移動すると、レディはすぐにくつろいで、テディ・ベアを
抱っこして、あっという間に眠ってしまいました。
レディには一緒に遊ぶ友だちがいた方がいいと考えたシャノンさんは、レディを犬のシンダーや
猫のハーパーに紹介しました。
img-05

ハーパーは、レディと同じように、後ろ足を動かすことができず、お手手を使って歩きます。
彼は、自分に似た子猫にあって大喜びでした。
「ハーパーとレディは、とても楽しそうに、小さな竜巻のように走り回りました。
彼らは、たくさんの愛情を受けながら、精一杯生き、瞬間瞬間を受け入れる方法を
思い出させてくれます。」
img-06

今までたくさんの預かり子猫や子犬を育ててきた犬のシンダーは、新しい子猫を迎えて大喜びし、
満面に大きな笑みを浮かべて、嬉しさに尻尾を振りました。
みんな、小さな新入りに夢中になりました。
レディは、大きな個性と、尽きないエネルギーと、生意気さと、永遠に回り続けるゴロゴロ・
モーターを持っています。
「彼女は、人の耳のそばに寄り添うのが好きなので、彼女のゴロゴロ音をすぐそばで聞くことが
できます。彼女は、快活で遊び好きで、私たちが今まで受け入れて来た
たくさんの保護動物と同じように、力強さ、元気さ、忍耐強さを見せてくれます。」
img-07

「これらの障がいを持つ特別な動物たちは、内側から放つ光で、常に私を驚かせてくれます。
彼らは何物にも妨げられず、他者との違いは気にせず、生きることへの情熱を保つ方法を
見せてくれます。」

動画
《Kitten with twisted legs》
https://youtu.be/VwKt1em5l58


インスタグラム(AlaskasKAAATs)
https://www.instagram.com/alaskaskaaats/


出典:【Love Meow】Kitten with Twisted Legs Finds a Family She Always Wanted
https://www.lovemeow.com/kitten-twisted-legs-finds-family-2644855719.html



引用元:冠猫が拾った動画や海外記事を投稿するスレ
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/15648/1523616728/

※1回目の投票結果はコチラ