1: 名無しさん 2014/03/21(金)19:23:43 ID:98X0tueeQ
パキスタンのナワズ・シャリフ首相の別荘を警備していた警察官三名は、ネコをちゃんと監視していなかったとして解雇された。

なぜなら、首相の飼っていた孔雀がネコに食べられてしまったからだ。

インドの新聞「The Hindu」が報じた。

ネコに襲撃された孔雀の残骸を見つけたのは庭師で、すぐに警察に通報された。
解雇された警察官は就職活動からやり直し、といったところだ。

当日、警備にあたっていたのは警察官21名で、
報告書では自分の持ち場を一人も離れておらず、
「ネコが孔雀を襲撃しているのを見ていたが、
邪魔しないことにした。」のだという。

イタルタス / VOR

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_21/269993622/

続きを読む