1: 名無しさん 2014/03/23(日)20:56:48 ID:chiOYD8mH
(台中 15日 中央社)野良ネコが引き取られた時に人間の居住空間にいち早く馴染めるよう、台中市の動物保護防疫処では14日からアットホームな猫小屋の供用を開始した。ここでは居間と寝室が準備されているだけでなく、ネコはソファーに寝そべってテレビを見ることもできる。

この新しい猫小屋の試みは米サンフランシスコの動物収容施設を参考にしたもので、今年1月、台中市南屯区にある「動物の家」の敷地内に人間の居住環境を再現した猫小屋2軒を設置した。動物保護防疫処ではそれまでの殺風景な檻を1カ月ほどかけて温かい家に作り変え、ソファーは公的機関の使い古しを使って布地だけ新調し、カーテンも一番安い売れ残りを利用した。

▼画像
 no title


▼以下ソース:フォーカス台湾
 http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201403150004.aspx

続きを読む